動物児童文学作家のキム・ファンです!!
09/1/28 天使のはね
 ♪ ラララン ランドセルは
  テテテン 天使のはね ♪
 このコマーシャルソングが頭にこびりついて離れない。車を運転する時も、風呂に入っていても、トイレでしゃがんでいても、思わず口ずさんでしまう。

 韓国で出る「世界の動物絵本シリーズ」の選定作業をしていることを覚えているだろうか? 絵本を持ち寄って会議をするのだが、絵本は重い。だから旅行カバンに入れてコロコロ転がしていく。
 先日は、バス停でバスを待っていたら、犬を散歩させている友達と出会った。
 「ねぇ、旅行いくの?」
 「ううん、会議」
 「?…」
 友達は、理解できずに首をかしげていた。

 つまり、それぞれ自分が推す絵本を持ち寄って集まり会議。全員の意見が一致すると、あらすじと推薦理由をA4用紙にびっしりと書いた物に、絵本全文のコピーを添えて一冊完了。これを三人が手分けして40冊分行うという仕事なのだ。ふー。
 
 出版社からチームに与えられる報酬は決まっている。出来得る限り節約しなくては、取り分が少なくなる。そこで、会議はミスドやマクド。毎回、コーヒー一杯で4時間以上粘る。
 コピー代も節約しなくてはいけない。そこでぼくは、近くのスーパーの二階にあるコピー機を使う。絵本の表紙はカラーコピーをしなくてはいけないのだが、ふつうにコンビニでA3をやると80円もする。スーパーは50円で安い。

 さて、そのスーパーのコピー機のあるところが、まさにランドセル売り場のまん前なのだ。あの「天使のはね」のコマーシャルソングが、自動再生で流れ続ける。ちゃんと、調べたわけじゃないが、10分間のビデオで10回は流れる。
 いつも1時間はコピーしているから60回も聞いていることになる。さらに家に帰ってテレビをつけると
 ♪ ラララン ランドセルは
  テテテン 天使のはね ♪

 ホンマ。洗脳されてしまいますわ。

 しかし、いつも感心させられることがある。
 このコピー機の隣に大きなベンチがあって、いつも、おじいちゃん・おばあちゃんが愛用している。
 そのお年寄りが休む間にも
 ♪ ラララン ランドセルは
  テテテン 天使のはね ♪
 「そうや、○○のランドセル買わなあかん」といった老人を5人も目撃した。

 スーパー、お主も悪よのう

 まだ、あともう少し、「天使のはね」を口ずさむ日々が続きそうだ。
[PR]

by kimfang | 2009-01-28 17:04 | トピックス