動物児童文学作家のキム・ファンです!!
09/4/30 いよいよ
 29日の昨日、ペンギン本のすべての作業が「無事?」終わった。いつもの「第3のビール」から少し格上げされた「発泡酒」でカンパイ。今日はデータが印刷所にいったことだろう。

 さて、前回の日記でチェックを終えたと書いた。そう。自分の仕事は終えた。でも、ぼくが「駄目だし」した部分の図やイラストを編集者や画家さん、デザイナーさんたちが、期日内に納めようと必死に努力していたのだ。それをチェックし、さらに意見するのにへとへとになっていた。

 出版社が決めた最終日は29日。とけわけ手を焼いた図は、28日から29日に日付が変わる期限ぎりぎりのところで国際電話でやり取り。送られてきた図にOKを出して、ようやくすべてのチェックが完了した。

 …と、思っていたら…
 何と、印刷所にデータがいく直前にも、本の顔―表紙の変更があった。例の手を焼いた図の手直し過程で、デザイナー室長がいいのをひらめいたらしく、急きょ会議を開いて(ぼくも日本からメールで参加!)変更とあいなった。(シンジラレナーイ ^^) ※正式な表紙はこれにもう少し手を加えたものになるらしい。
f0004331_142588.jpg
 いろいろあったけれど、でも、みんな、もっといい本にしようとしてのこと。韓国の出版界にはこんなジンクスがある。
 「만들때 속 썩인 책은 잘 팔린다 作る時にやきもきした本ほどよく売れる」。十分にやきもきしたから、きっとよく売れることだろう ^^

 ところで、「懸案」だったタイトルだが、「세상의 모든 펭귄이야기 世の中 すべてのペンギンの話」に落ち着いた。
 出版社から提案があったタイトルだが、「세상의 모든」つまり「世の中 すべての」という言葉に抵抗があった。
 ぼくはペンギンの専門家でもなく、彼らを何十年も追いかけていたあけでもないし、彼らの生息地を旅したこともない。「世の中 すべて」というほど知ってない。
 また、18種類のペンギン「すべて」に、均等に愛情を注いだ造りにもなっていない。だから、「世の中 すべて」という仰々しいカンムリだけはイヤだと抵抗していたのだった。

 ところが先日、韓国で一番使われているインターネット検索エンジン「ネイバー」を開いたら、「세상의 모든 지시, 네이버 世の中 すべての知識、ネイバー」というカンムリがついていた。
 グーグルやヤフーよりも規模が小さくても「世の中 すべて」というところが、何とも韓国らしい。つまり、「世の中 すべて」は韓国ではふつうに使われる「慣用句」だと知った。

 まぁ、大げさだけど、ふつうに使われている言葉ならいいかぁ。と、受け入れた。今では慣れてきたのか、結構気に入っている。

 発売日は、5月8日!
 その日は「プレミアムビール」でカンパイしよう。
[PR]

by kimfang | 2009-04-30 14:08 | トピックス