動物児童文学作家のキム・ファンです!!
09/6/13 驚きの「ヒョさま」
f0004331_205951.jpg 
  韓国オリニ図書館協会を束ねる友人から岐阜に来ないか?と連絡があった。
  彼女たちは2005年以来、毎年、民族学校に絵本を贈り続けている。

 今回、岐阜の民族学校の財政難を救うために、韓流アーティストによる「アンニョンコンサート」を催すというのだ。
 出演者を聞いてビックリ。「冬のソナタ」で「キム次長」役を務めたクォン・ヘヒョ(권해효)さんがくるというではないか!
 しかも図書館や出版社の人も同行する。コンサートが観られて、「営業」までできるとくれば、いかないわけ がない。

 京都から新快速を乗り継いで岐阜へ。
 開場2時間前に岐阜市文化センターに入った。ロビーには、「予想を超える反響で当日券が売れない」旨を知らせる張り紙が貼ってあり、すでにロープで「迷路」も作られていた。

f0004331_2123153.jpg f0004331_2121116.jpg
 友人は懐かしい笑顔で現れた。
 センターの敷地内にある公園で弁当を食べながら、図書館や出版社の面々を紹介してくれた。

 ところが、センターが何だか騒がしい。
 開場まであと1時間もあるというのに、いい席を取ろうと(席は指定ではなかった)並びはじめたのだ。
 それを聞いてぼくたちも、ろくに弁当も食べずに会場へ入った。
 おー長蛇の列。
 「冬ソナブーム」のすごさを改めて知った。



f0004331_211449100.jpg
 さて、コンサートでは、キム次長こと、クォン・ヘヒョさんには驚かされてばかりだった。

 トークで笑わすし、歌もたいへんうまいが、
 社会奉仕事業にとても熱心で、社会の不正を正そうと組織される集会では、いつも司会を務められる熱い人と知った。

 そんな集会を美しいハーモニィーで盛り上げているのが、ボーカルグループ「ウリナラ」。
クォン・ヘヒョさんとウリナラはとても仲がいいという。
 南北分断の悲しみを扱った「イムジン江」など、心を揺り動かされる曲を歌ってくれた。
f0004331_2126543.jpg
 また、シンガーソングライターのイ・ジサン(이지상)さんが、ユン・ドンジュの詩に曲をつけた歌も印象に残った。

 当然、コンサートは大成功! 

 ぼくも出たばかりの『ペンギン本』を学校へ寄贈し、ウリナラとイ・ジサンさんのCDを買ったので、ほんのちょっとだけど、力になれたかな。
 
 クォン・ヘヒョさん、在日の子どもたちのために、本当にありがとう。
 熱烈なファンは彼のことを「ヒョさま」と呼んでいた。
 ぼくも、敬意をこめて「ヒョさま」と呼びたい ^^
f0004331_21294281.jpg
 
 今回の訪問団の中には、ぼくのシリーズ絵本の担当者もいた。
 初対面なので、うやうやしく挨拶。
 発売されたばかりのペンギン本をプレゼントした。
 すると、彼女はすぐに本(力量)をチェック。

 おーこぇー
 お手柔らかに ^^
[PR]

by kimfang | 2009-06-16 18:41 | トピックス