動物児童文学作家のキム・ファンです!!
09/7/27 味噌とんぼ
 トンボに関心のない人も、必ず見たことのあるトンボがいる。
 夏の甲子園なんか見ていると、テレビの画面にもよくでるオレンジ色のトンボ。夏なら、四条河原町の真ん中でも飛んでいるのがウスバキトンボだ。

 夏に群れ飛ぶこのトンボは、遠い南の国から風に乗ってやってくる。卵を産むと、わずか4日でヤゴになり、一か月でトンボになって次世代が飛び立つ。沖縄、九州から世代を重ねて北上し、ついには北海道までたどり着く不思議なトンボだ。
太鼓のむかしから、毎年、毎年…

 もちろん、朝鮮半島にも夏にやってくる。済州島から半島南部に上陸、北朝鮮まで北上していく。太鼓のむかしから、毎年、毎年…

 さて、このウスバキトンボを絵本の中に登場させたくて調べると、何と「된장잠자리」。直訳すると「味噌とんぼ」。ははは、まったく、唐辛子といい、味噌といい、韓国らしいネーミングだと笑っていた。

 ところが専門書を読んで、日本でも「味噌とんぼ」と呼ぶ地域がかなりあることを知った。出雲の「ミソトンボ」、加賀の「ミソカイ」など、日本海沿岸地方に伝承されている。
 さらには、佐渡や北陸、東北には、トンボの方言として「ダンプリ」「ザンプリ」が、広域的に分布するというではないか!
 トンボの韓国語は「チャムジャリ」で、済州島では「パンブリ」だ。そのむかし、渡来人が伝えた言葉がそのまま残ったとしか考えられないとあった。

 これだ! アキアカネとウスバキトンボが出会うシーンを創ろう。ウスバキトンボの写真に撮って、編集者に送ろう。これで心が「唐辛子とんぼ」に揺れることはあるまい。いっひひ。
カメラを持って毎日のように鴨川河川敷に出かけた。
f0004331_1924324.jpg
 しかしこれが…
あんなに群れ飛んでいるのに…
 ホント、うまくいかない。

 とほほ、とまってくれないのだ。写真がとれへーん ^^

 専門書には「とまらず」という異名があるとあった。
 そりゃあそうだろう。そうでないと、海を渡れまい。

 ぼくのような素人では無理だとあきらめた。
 時間をかえせ~
 (いい勉強に。決して無駄ではありませんでした)

 ※ 写真は「チョウトンボ」です。お間違いなく。
[PR]

by kimfang | 2009-07-28 19:18 | 取材ノート