動物児童文学作家のキム・ファンです!!
10/2/14 逃した「ネズミ」は大きい?
f0004331_835398.jpg
 本当の正月がきた。韓国では今でも旧暦が生活に根付いているから、2月14日が本当の正月だった。そんな韓国では、ただ「寅(トラ)年です」とはいわずに、「경인 庚寅(かのえとら)年は寅年です」という。
 そもそも干支は、十干と十二支が組み合わさってのものだから、庚寅というのが正統派だろう。

 むかしは日本も干支がちゃんと生きていた。阪神甲子園球場は、十干の「甲」、十二支の「子」が合わさった、甲子、つまり1924年に完成したから命名された。どうも、昨今の日本では十二支はあるが、十干はすっかり忘れ去られたようだ。

 さて、1月15日に出た絵本『カヤネズミ』がなかなか日本に届かない。本当に出たの?と疑い深くなって、韓国のネットをあれこれ調べていたところ、2008年の新年にでた「中央日報」の記事におどろいた。

「60干支のうち、ネズミ年は、甲子・丙子・戊子・庚子・壬子の5つがある。そのうち戊子年の子年はカヤネズミに属する、と占い師らは語る」

 えっ? 本当に! 戊子(つちのえね)年のネズミはカヤネズミがモデルなの?
f0004331_8335262.jpg
もっと詳しく調べて、「甲子は들쥐、丙子は비단들쥐、戊子は멧밭쥐、壬子は먹쥐または굴뚝쥐」というのも見つけた。

 占い師の言葉だからアテにはならないが、自分なりの解説を加えて訳すと、こうなる。
 ☆甲子は野ネズミ →野ネズミもたくさんいるから代表的なハタネズミか。
 ☆丙子はキヌゲネズミ →これはハムスターの仲間だな。
 ☆壬子は直訳すると墨ネズミ?煙突ネズミ? →そんなネズミはないから、墨や煙突から想像でき る黒いネズミか。ならばハツカネズミ(野生種は黒い)か、クマネズミ。とにかく野ネズミの対極にある、家ネズミだろう。
 ☆庚子にはネズミの名がない →なんでや~

 これらの出所はわからないが、とにもかくにも「戊子(つちのえね)年はカヤネズミだ」が独り歩きして、ネットのうえでは2008年の韓国は、カヤネズミが大ブレークしていたのである。

f0004331_8381333.jpgf0004331_8383070.jpg
 でも、その年の韓国にカヤネズミの本はなかった。
 もしも今年が「戊子年」だったならぁ…惜しい…次は58年後かぁ…

 逃した「ネズミ」は大きい。(いえいえ、カヤネズミは世界一小さなネズミです)

 そんなことを思っていたら「年末押し迫った日」にようやく絵本が届いた。

 絵を描いてくれたのはクゥオン・ジョンソン画家。
 『いのちのあさがお』の韓国語版の絵をつけた画家さんだ。とっても優しい絵だ。
 この絵なら、寅年でも大丈夫。きっと、子どもたちが支持してくれるさ。

大手ネット書店 yes24 が「生きもののすみかを取りもどしてあげて」という企画コーナーを設けてくれました。シロクマくんと、オオカミくんとともに、カヤネズミさんも頑張っています。

聯合ニュースでも、取り上げてもらいました。(小さな記事ですが^^)
[PR]

by kimfang | 2010-02-17 08:24 | トピックス