動物児童文学作家のキム・ファンです!!
11/1/1 十長生を探して
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
f0004331_1654161.jpg
 昨年の「トラのむかし話」に引き続き、今年も初講演は高麗美術館だ。
 
 1/15(土)、3/12(土)に韓国絵本の読書会を行います。
 
 時間は ①13:30 ②15:00 の2回講演。(計4回) 

 今年のテーマは「十長生を探して」。
f0004331_1671730.jpg
 
 「十長生」とは、中国の神仙思想に由来するもので、長生きの象徴を10個集めたもの。
 上の写真はインチョン空港にある韓国文化に触れるコーナーにあった屏風。
 日、山、亀、鶴、水、雲、松、鹿、霊芝、桃など、「十長生」が描かれている。

 朝鮮王朝時代にはお正月に宮殿の門の両脇に掲げられていた。
 右の写真は、景福宮の煙突に残る「十長生」。
 
 やがて「十長生」は庶民にも広まっていく。

f0004331_16121562.jpgf0004331_16374988.jpg 












 
 そんな韓国の人たちの「十長生」への思いが込められた絵本がある。
 『십장생을 찾아서』최향랑/ 창비 2007 は、
 病気になってしまったハラボジのために「十長生」を探す旅にでる物語。
  とても人気のある絵本だ。
f0004331_16335759.jpg
 翻訳して講演のときに読もうと思っていたら、
 昨年11月に日本語版が岩崎書店から発売された。
 ラッキー! 翻訳の手間が省けた^^
 そのぶん、より、深い話ができそうだ。
 この講演のことを창비チャンビ出版社にいうと、
 何と、ぼくの新しい担当者(現在、ミツバチの本、一生懸命つくっている)が、
 この本の責任編集者だったことがわかった。
 これまたラッキー! ^^

 本が生れるまでの裏話、苦労話もちゃっかり取材しました。
 講演をお楽しみに!

 詳しくは、ここをクリック。
[PR]

by kimfang | 2010-12-31 16:15 | トピックス