動物児童文学作家のキム・ファンです!!
11/4/17 あべ弘士さんの講演を聞き、動物園・水族館を考える
 韓国から来客があった。
 ぼくのペンギンの本の絵をつけてくれたチェ・ヒョンジョンさんだ。
 彼女は京都精華大学のマンガ学部に留学したので、京都は第二の故郷。忙しくてなかなか日本にこられなかったが、今回、約3年ぶりに来日した。
f0004331_16111260.jpgf0004331_16113537.jpg 
 家にきたとき、でたばかりの新作絵本、『オオカミ』をプレゼントした。
 京都市動物園にいたチョウセンオオカミの話だ。
 留学生時代に、彼女が京都市動物園のパンフレットの絵を描いた縁もある。
 何よりも、絵本の主人公となったオオカミの担当飼育員から、チェさんを紹介してもらったのだから。

 
 本を見せながら、ちょっと先輩ぶって、「講釈」をはじめてしまった。
 長い間、チョウセンオオカミの絵本を書きたいと思っていたが、うまく書けず、あべ弘士さんの『エゾオオカミ物語』(講談社)と、ジーングレイクヘッド・ジョージさんの『オオカミがかえってきた』(原題 THE WOLVES ARE BACK 韓国ではでているが、日本ではでていない)と出会って、物語ができたという話だ。

 日米の尊敬する動物作家の本には、オオカミが自然のなかで果たす<バランサー>としての役割がわかりやすく説かれている。

 自然界でなく、動物園で一生を過ごしたチョウセンオオカミの実話だけど、なんとかこの二冊のような、、<オオカミの役割>を取りこめないか? 工夫に工夫を重ねたことをしみじみと話した。
f0004331_16151035.jpgf0004331_16153968.jpg
「あっ、そういえば、次の日曜日に、法然院であべ弘士さんの講演があるんだ」
と、いうことで一緒にでかけたていき、たのしく聞かせていただいた。

 この日、あべさんの講演のあとには「動物園や水族館を語ろう」という鼎談もあった。
f0004331_1617786.jpg
 講演の後、チェさんと喫茶店で、動物園や水族館の役割について話してみた。
f0004331_16175485.jpg
 動物園で飼われている動物は檻のなかに入れられて、確かにかわいそうだ。
 彼らが少しでも快適に過ごせるようにしてやらなくてはいけない。

 しかし、彼らが「見世物」になってくれるおかげで、生息地に棲む仲間の動物たちのことも、ヒトは考えることになる。

 オオカミを観ることによって、オオカミが自然のなかで果たしていた役割や、彼らがすめる環境とは何か?を考えるきっかけとなるのだ。

f0004331_16185891.jpg
 今、京都で大問題となっているのが、「京都水族館」。 イルカショーが売りだという。
 それって、時代に逆行していないか? ソウル大公園は、イルカショーを中止した。

 進んだ国では、その入園料は、生息地の動物保護に使われるというのに、生きものを使った金儲けの施設が、また、日本に増えるのはいかがなものか。

 日本ほど、動物園や水族館があり過ぎる国はない。
 そろそろ、それなりの適正数に減らして、
 その目的も、明確に環境教育にしぼらなくていけなのに…
[PR]

by kimfang | 2011-04-23 16:20 | トピックス