動物児童文学作家のキム・ファンです!!
11/5/14 映画「祝の島(ほうりのしま)」を観た
f0004331_17105923.jpg
 瀬戸内海の小島、祝島を舞台にしたドキュメンタリー映画、「祝の島(ほうりのしま)」(纐纈あや監督)を観た。 1982年から29年も上関原発に反対し続けている島の人びとの日常が、緩やかに、ときにおかしく、ときに激しく描かれていた。

 今からちょうど10年前の2001年10月にぼくはこの島を訪れている。 

 原発に反対する長島の自然を守る会」の高島美登里代表から絵本執筆の要請を受けて取材をした。f0004331_17154186.jpg
 石垣でできた狭い小路。
 急で岩だらけの棚田。
 青く茂ったビワの樹。
 泊めてもらった、はまや旅館。
 あのときに歩いた風景は何も変わっていなかった。

 スナメリの観察のために船をだしてくださった清水さん。 
 バイクで疾走していた島で唯一の女漁師、竹林さん。
 お土産を買った日用雑貨店の蛭子さん。
 毎週、月曜日に行われるデモの先頭に立つ山戸さん。

 懐かしい人たちが、あの時のまま変わらず、きれいな海を、原発と引き換えることなくしっかりと守っていた。 
 ぼくはここを訪れて感じたことを絵本『のんたとスナメリの海』に込めた。

 2002年4月28-29日には、「長島の自然を守る会」が、絵本の出版を記念して「スナメリキャンペーンウォーク」を企画してくれた。 絵本を紙芝居にして、下関から祝島まで、山口県を西から東へ移動しながら紙芝居と即売会もした。
 あのときの思い出も蘇った。
f0004331_17165329.jpgf0004331_17173192.jpgf0004331_17175944.jpg

 上関原発建設予定地は、祝島のたった4キロ先。
 福島の原発事故の例をあげるまでもなく、4キロという数字がいかに暴挙かおわかりだろう。

f0004331_21332475.jpg
 祝島は遣隋使、遣唐使などが立ち寄った島で、千年も続いている4年に一度の「神舞」という祭りがある。古くから受けつがれてきた文化を継承している島だ。
 こんな由緒ある島を、原発と引き換えにした愚かな島にしていいのだろうか。
 
 島のみなさんは、今も、絵本『のんたとスナメリの海』を販売してくださっている。
 
 映画と絵本を、ぜひ、ご覧ください。

 絵本は、4月末にでた戦争と平和を考えるブックリスト、『きみには関係ないことか』京都家庭文庫地域文庫連絡会編(かもがわ出版)でも取りあげてもらった。
[PR]

by kimfang | 2011-05-17 17:12 | トピックス