「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
11/5/27 国際ワークショップの通訳
f0004331_18355961.jpg
 5月27日、コウノトリの野生復帰に関する「国際ワークショップ」(WS)が豊岡市であった。
 韓国におけるコウノトリの野生復帰について、韓国教員大学のユン・ジョンミン博士が報告することになり、通訳の仕事を「コウノトリの郷公園」から依頼された。

 あれれっ? いつもなら韓国のコウノトリの第一人者、パク・シリョン教員大教授がやってくるはずなに…今回はどうして?
 はじめて聞く名前に戸惑いながらも、快く通訳の仕事を引き受けた。

 とはいえ、博士の経歴や業績などを事前に調べておくのもプロの仕事。
 しかし…名前を韓国の検索エンジンで調べても、まったく何もひっかかってこない。
 いったい、誰や~?
f0004331_1836571.jpg
 しばらくして、豊岡に留学経験もあるチョン・ソクカン博士(現在は環境省勤務)から、今回は後輩がいくのでよろしく、と電話がかかってきた。
 どんな方なの?と聞くと、
 な、何と、韓国で一番有名な鳥類学者、ユン・ムブ博士の息子というではないか!

 パク教授はユン・ムブ博士の弟子だ。教授は、恩師の息子の指導を引き受け、韓国のエースとして育てるべく、日本に派遣することにしたのだろうとも語った。
 やばい。日本の取り組みについて、鋭い質問がきたらどうしょう…
 もしもうまく通訳できなくて、おやっさんにチクられると仕事がこなくなる。
 だぁ…
と、いうことでパク教授が書いたコウノトリの分厚い本をもう一度読みなおし、日本側の発表に関する資料も必死に集めて備えた。 

 さて、WS当日。
 生れてはじめて日本にやってきたユン博士に、和食の朝食の食べ方のレクチャーから仕事はスタート。
 午前は「コウノトリの野生復帰」が議題。日本側の発表5本をすべて同時通訳し、もちろんユン博士の発表を通訳し、ふたりの先生のまとめのコメントも通訳。

 午後は「希少鳥類の野生復帰」。6本の発表もすべて訳す。
 長谷川先生のアホウドリも、呉地先生のシジュウカラガンも、永田先生のトキも、みんなよく知っていた鳥で助かった。最後の発表はニュージーランドの博士が英語でしてくれたので、これまた助かった。
 だってユン博士はアメリカに10年間も留学していて、昨年にかえってきたばかり。英語はペラペラなのだ。このときだけは、のどを休ませることができた。

 その後も、総合討論があって。しゃべり(通訳)まくり。
 会議のあとのレセプションでもしゃべりまくり。
朝から14時間ちかくしゃべり続けて、のどは炎上^^)
f0004331_18385959.jpg

「すばらしい通訳でした。たいへんお疲れさましでした」
 ホテルに着くと、ユン博士からねぎらいの言葉をもらった。
「本当? 大丈夫でしたか?」
「本当です。昨年末に中国で開催されたコウノトリのシンポジウムに参加しましたが、中国側が用意した中国朝鮮族の通訳がよくなかった。生きもののことをまったく知らないし、言葉も北の言葉のようでわかりづらくて苦労しました」

 どうやら、無事に仕事をこなせたようだ。 ふぅー。

f0004331_18404872.jpgf0004331_1841765.jpg
 毎日、朝鮮語で生活している中国朝鮮族の通訳よりよかったと聞いてうれしかったが、南北の言葉が、ますますちがう言葉になっていっていることが悲しかった。
 ユン博士の報告のなかに、北朝鮮のコウノトリの復元の重要性を説いたところがあった。
 コウノトリが南北の橋渡しになってほしいものだ。
 
 次の日の午前は、郷公園の非公開ゾーンの見学。
佐藤 稔主任飼育員の解説も、研究者が相手ということで「バージョンアップ」!
 こんなところに入れるのも、普段とちがう解説を聞けるのも通訳の「役得」。
 こういうときの通訳は、たのしさ百倍!
[PR]

by kimfang | 2011-05-31 18:42 | トピックス