「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
11/7/27 コウノトリ紙芝居、初上演!
f0004331_17362076.jpg
 27日、京都こどもみらい館にて、
 「第1回 ジュンク堂書店京都店 キッズフェスタ お話会」(後援 くもん出版)が開かれた。
 京都に住んでいる児童文学作家が、直接、子どもたちと触れ合う場だ。

 韓国では「作家との出会い」という形式の講演は、ふつうによくあり、ぼくは何度もやっている。11月にはすでに、6月にだした『다람쥐 シマリス』の講演が決まっている。
 日本の出版社や書店が企画したこのような集いにでるのは、はじめての経験だ。
f0004331_1737545.jpg
 はじめてといえば、はじめて書いた紙芝居を上演するのもはじめて。
 9月1日発売予定のコウノトリの紙芝居の初お披露目だ。
 ぼくの出番は、真ん中の紙芝居と、ラストの紙工作と折り紙。
 紙芝居の準備はOK。
 ラストの工作を手伝ってくださるのは、近畿地区から集められたくもんのスタッフのみなさん。折り紙を指導できるよう、準備をしてもらった。
f0004331_17384835.jpg
 さぁ、はじまり、はじまり。
 トップバッターは、さくらい ともかさん。さくらいさんは絵も文もかける人。絵を描きながら子どもたちと触れ合った。
『ムジカの森の音楽隊』(くもん出版)絶賛発売中!
f0004331_17394274.jpg 
 二番目は吉田道子さん。今年、日本児童文学者協会の協会賞に輝やき、課題図書にもなった『ヤマトシジミの食卓』(くもん出版)の創作エピソードを話された。
 吉田さんの『きりんゆらゆら』(くもん出版)は、韓国でもでている。




f0004331_17403345.jpg
 そしていよいよ、ぼくの出番!
 コウノトリの話を少ししたあと、『とんだとんだ! コウノトリ』(童心社 9月1日発売)を上演した。
 うまくできたかどうかはわからないけれど、主人公のコウちゃんのひなが誕生する場面では、何と、拍手がおきた。ありがとう、みんな。
 それが一番、うれしかった。
f0004331_17412835.jpg
 四番目は、楠 章子さん。
 『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)は、今年の京都新聞のお話を絵にするコンクールの選定図書。創作エピソードを話された。
f0004331_17421958.jpg
 五番目に登場は、服部千春さん。『さらば、オシッコザウルス』(岩崎書店)を読み聞かせしてくださった。オシッコザウルスが夢にでてきていろんな方法でおねしょへと導く。ぼくも、はらはらしながらも、けらけらと笑って楽しんだ。

 ラストにまたまた登場したのが、ぼく。
 子どもたちは、コウノトリの紙工作。大人たちはコウノトリ折り紙でたのしんでもらった。
 みんな最後までやりとげて、それぞれのコウノトリをつくりあげた。
 
f0004331_17441584.jpgf0004331_17445234.jpgf0004331_17452124.jpgf0004331_1746627.jpg




 

 

 
f0004331_17482339.jpg
 こうちゃん、たまちゃん、ノトちゃん…
 つけてくれた名前も素敵だ。

 最後に、大きな声でみんなにいったし、買ってくださった絵本にも、こんな言葉を添えた。
 「本物のコウノトリを、ぜひ、見にいってください!」
 夏休みのあいだに、豊岡の「コウノトリの郷公園」にいってくれると信じている。

 フェスタの参加者で記念撮影→第2回も、あるんだって。また、呼んでもらえるかなぁ。
[PR]

by kimfang | 2011-07-29 17:42 | トピックス