「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
11/9/28 越前市長を表敬訪問
f0004331_21505556.jpg 
 紙芝居『とんだとんだ!コウノトリ』(絵・後藤範行)の推薦文をいただいた奈良俊幸・越前市長に、紙芝居の完成と販売好調を報告するために越前市役所を訪れた。

 「越前市の取り組みを紙芝居で全国に知らせていただいて、ありがたいです」
と市長から感謝のお言葉をいただいた。

f0004331_21525470.jpgf0004331_21531834.jpg 

 ぼくは美味しい想いをさせていただいているだけだ。

 41年前の武生市(現・越前市)での心温まるコウノトリ保護活動と、
 それを克明に記録した、林 武雄氏の『帰らぬつばさ ―ほろびゆくコウノトリの挽歌』(ぎょうせい)や上坂信行氏の『福井県武生市白山地域飛来[コウノトリ]観察と保護の記録』(自費出版)などがあって、
 さらには、これらのことを教えてくださった豊岡市の友人がいて、
 そのおかげできあがった紙芝居だということを語らせていただいた。

 <中日新聞の記事>

 ところで、市役所の隣には、むかしの「武生市立図書館」があった。
 その前に立つと、懐かしい記憶がよみがえった。
f0004331_21574077.jpg
 今からちょうど10年前、家族をつれて武生市立図書館を訪れて、上記の資料を見つけた日の想いでだ。
今はみな大学生になった子どもたちも、まだ幼かった。プールに連れていってやるといって連れてきたものの、京都から三時間もかかってようやくやってきて、また、図書館で待たされて、「プール、まだぁ」とふくれられた。
そのあといった「南条の温水プール」でも、手に入れた資料ばかりが気になって、あまり遊んでやれてなかったことを昨日のように覚えている。

 今はもう、図書館は移転してない。
資料を一生懸命に探してくださった、あの、司書の方、どうしてらっしゃるかなあ。
[PR]

by kimfang | 2011-09-30 21:57 | トピックス