「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/1/20 ケジャン、お粥、クッス、韓定食
 韓国にいくと楽しみはやはり食べ物。今回も、美味しいものをたくさん食べてきた。
f0004331_22524653.jpg
f0004331_22533770.jpg
 泊まった明洞で、美味しいものを安く食べられるところは? と検索をかけると「오다리집 オダリチプ」がヒットした。
 
 
 いってみるとケジャンがあるではないか。
 ケジャンとは、韓国料理の一つで、生のワタリガニを塩、漬け込みダレ に漬けて熟成させた料理。醤油ベースのものと、からし味噌ベースのものがある。
 
 今回は醤油ベースで、内子のたっぷり入ったのが出てきて感激した。
 なんでも、ここのマスターがKポップ歌手との縁が深いようで、店内には、今、話題のチャン・グンソクや少女時代の若いころの写真が展示してあった。

 従業員には、日本で生まれた在日の子もいて、日本語も通じる。味付けも日本人向けだ。
 この日は、デビュー前の若手Kポップ歌手が歌っていた。

 
f0004331_2255162.jpgf0004331_22552057.jpgf0004331_22565641.jpg
 お粥も、韓国グルメのひとつ。
 空港にもある有名チェーン店、「본죽 ポンジュク」にいった。
 
 韓国でアワビのお粥は、定番中の定番(写真左)。
 美肌を望む人は、エゴマのお粥(写真右)もお勧め。

 



f0004331_22585618.jpg

f0004331_230835.jpg 
  洋食も食べた。

 出版社が連れていってくれた光化門のおしゃれな洋食レストラン、「카페이마 カフェイマ」。
 東亜日報の歴史を感じるビルだが、中は美術館の一部という斬新なレストランだった。

 韓国人は、ごはんが大好き。
 でも、真っ白なご飯よりも、雑穀米のようなものを好む。 ハンバーグステーキを頼むと、ご飯は白ごはんではなくて、雑穀米で、その上に卵焼きが乗ってきた。
 美味さよりも、健康が優先されるお国柄なのだ。

f0004331_23113193.jpgf0004331_2312128.jpg
 麺も食べたくなって、クッス店にも入った。
そばやうどんといった麺類の総称をクッスいうが、「셰프의 국수전 シェフの名人戦」という店名に誘われて入った。

 ここの麺は、うどんでも、そばでも、ラーメンでもない、沖縄のソーキそばのような感じ。手打ちだとか。あっさりしてうまかった。
 お世話になっている出版社のビルの前なので、これからも通うかも。
 



 最後はやはり、韓定食。
 ぢかう出版社が「어머니가 차려주는 식탁 お母さんが用意してくれる食卓」に連れて行ってくれた。
 韓定食は、懐石料理のようなもの。コースとなってでてくる。最初のあずきがゆからデザートまで、堪能した。
 メインの肉料理のときは、焼いてきたのに火をつける演出までしてくれた。

f0004331_23185427.jpgf0004331_231925100.jpgf0004331_23195023.jpg



 





 

  全部を写真で紹介できないので、詳しくはここをクリック。

 今回も、ごちそうさま。
[PR]

by kimfang | 2012-01-26 22:44 | トピックス