動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/4/28 田んぼの生物多様性増進のための日韓自治体シンポジウム
 田んぼの生物多様性の増進と食の安全性を保つために、日韓で協力し合おうという自治体ネットワークが構築されようとしている。

 これは2005年にウガンダで開催された第9回ラムサール会議に一緒に参加したことがきっかけで、2008年の韓国での第10回ラムサール会議に於いて、日韓が水田の生物多様性を増進させることを共同提案したことで弾みがつき、ネットワーク構築のためのシンポジウム開催となった。
f0004331_23341474.jpg
 
 シンポジウムの前に、関連施設への訪問が組まれていた。
 まずは韓国の有機農法をリードする、コソン(固城)郡生命環境農業技術センターを訪れた。
f0004331_23345492.jpg
 センター内には、2009年にイ・ミョンバク大統領とハン・スンス国務総理がここを訪れたことを示すパネルが展示されていた。

 有機農法とは、無農薬農法を進化させた農法だが、韓国のこの生命環境農法は、有機農法をさらに進化させた農法だといえる。

f0004331_23354833.jpg 
 日本の農業専門家たちから驚きの声があがっていたのが印象的だった。

 ぼくは農業のことはあまり詳しくない。
 と、いうことで、一緒にいったプロ、豊岡河谷営農組合の岡 治さんのブログをご覧ください!

 
 
 さて、そのあとはコソン郡で開催されていた「コソン恐竜EXPO」へいった。

f0004331_23404187.jpgf0004331_2341898.jpgf0004331_23471263.jpg







 


 コソン郡は1982年に韓国で初めて恐竜の足跡の化石が発見された地で、その後も貴重種の足跡の化石や恐竜の卵の化石が相次いで見つかっており、世界的にも注目されている地域だ。
f0004331_23484289.jpg 
 今年は「雨水が恐竜を目覚めさせる」というテーマで開催されていた。
 最初に開催されたのが2006年、続いて2009年、今回は3年ぶり3回目の開催だという。

 多くの人で、めっちゃにぎわっていた!
 郡守さんと記念撮影。
[PR]

by kimfang | 2012-05-04 23:37 | 取材ノート