動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/4/30 豊岡からいったコウノトリ、市長にあいさつ
 シンポジウムのあとはそれぞれの市が、それぞれの目的にあった視察にでかけた。
 当然、豊岡市はコウノトリ関連の施設。もちろん、ぼくもそのために通訳としてやってきた。
f0004331_2223390.jpg
 まずはコウノトリを1996年から飼育している韓国教員大学。
 宿泊先のプサンから車で2時間半かけて着いた。
 ぼくは豊岡の人たちを連れて4回もいっているが、中貝市長ははじめての訪問だ。やはり市長がいくとちがう。教員大学の総長との会談が組まれた。

 シンポジウムでは3人でやっていた。ひとりで大丈夫かなあと心配したが、むしろこっちの方がやりやすかった。話題がコウノトリに絞られているし、それに何よりも、総長がきれいな標準語で話してくださったので助かった。
 へへへ正直にいうと、プサンでのシンポジウムは、結構、プサン訛りに手を焼いていたのである。

f0004331_2274084.jpgf0004331_228978.jpgf0004331_2282196.jpg
 








 
 
 
 

 総長室での歓談が終わると、実際にコウノトリがいる飼育施設へと移動した。
 韓国コウノトリ復元センターの所長は長年、創設者のパク・シリョン教授が務めていたが、弟子のクォン・ヨンジュ教授が新しい所長になっていておどろいた。世代交代だなあ。

 クォン所長から、「豊岡からきたオスと韓国で生まれたメスがペアになって、毎年、ひなを生んでくれています」と説明があった。
 市長がケージの前に進むと、何と、豊岡からきたオスが市長にあいさつしに近づいてきた。

 「放鳥されたら豊岡にまで飛んできてよ」と市長が声をかけると、
 すかさず総長が、「愛する奥さんが気になって、すぐにもどってしまうでしょう」と返し、みんな大爆笑した。

f0004331_2212402.jpgf0004331_2213627.jpgf0004331_221455.jpg

 







 

 有名な「コウノトリ市長」の訪問とあって、韓国KBSテレビと東亜日報が取材にきていた。
[PR]

by kimfang | 2012-05-07 22:08 | 取材ノート