動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/5/31 京丹後でコウノトリ誕生! 豊岡以外では初
 コウノトリが訪れたのはすでに33府県117市町村
 いよいよ次は、
 あなたの住むところろかもしれない (2011年11月1日現在)
f0004331_13571783.jpg

 これは、今年2月に出た『きみの町にコウノトリがやってくる』(くもん出版)の帯に書かれたコピー。それだけコウノトリが多くの町を訪れていた。それは逆にいうと、こんなに多くの町を訪れているのに、いまだに豊岡以外で定着したコウノトリはおらず、豊岡以外での繁殖はなかった。

 しかし25日、豊岡市のお隣にある京都府北部の京丹後市で、放鳥2世同士の国内2例目、豊岡以外で初のひなが誕生した! (京都新聞の記事)
f0004331_14101438.jpg
 ぼくの本は、もはやコウノトリの野生復帰は豊岡市だけの事業ではなく、日本全国の取り組みが必要だということを訴えるために出した。この度のひな誕生で、野生復帰がまた、新たな段階へと進んだ。

 今回、京丹後市での定着と繁殖が実現したことは、ここにコウノトリが棲める豊かな自然があるということ。彼らが安心して暮らせる田んぼがあるということだ。
 そう、コウノトリの問題は、田んぼの問題、日本の農業の問題でもあるのだ。

 そこらへんのこと、福井新聞の「コウノトリ通信」でお話させてもらいました。
[PR]

by kimfang | 2012-05-31 13:57 | トピックス