「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/7/17 次回、第3回ICEBAは、韓国開催か?
f0004331_148122.jpg f0004331_1484214.jpg
 基調講演、各国報告、分科会と、国際会議には440名が参加した。期間中に暖かい交流が広がった。
 日本各地からの報告や、韓国や中国の報告に刺激を受けた人たちは、ますます「自然に思いやりのある豊かな農業」を進めていくことだろう。

 トキやコウノトリたちも、生きものがあふれる田んぼがないと生きていけない。
 会議で議論されていたことが、もっと多くの土地で、国で、実践されるよう願ってやまない。


 最終日、参加者全員による交流会があった。韓国の参加者たちは「生物の多様性を育む農業」の実践のために、多くのことを教えてもらった佐渡市に感謝し、佐渡市長をはじめとする主催者のスタツフのみなさんに、小さいながらも心のこもったプレゼントを渡した。
 みな、聞かされていなかったので「サプライズプレゼント」。
f0004331_1422324.jpgf0004331_14225850.jpgf0004331_14233331.jpg





 





f0004331_14243148.jpg 
 
 
 
 
 
 ありがたいことに、ぼくにもあった。韓国のみなさんがお揃いできていたTシャツ。これは、故ノ・ムヒョン大統領をイメージしたTシャツだ。この麦わら帽子の人こそ、ノ・ムヒョン大統領。
 
 みんなと同じTシャツをもらったのは、仲間と認めてもらえたのかな。
f0004331_14251641.jpg
 ノ・ムヒョンさんは引退後、生まれ故郷の村に戻り、環境に優しい農業を営んでいた。ポンハ村の共同農場は、ノ・ムヒョン財団が半分を出資している。ノ・ムヒョンさんは亡くなってしまったが、その精神は若い人たちに受け継がれ、こうやって国際会議にも参加している。
 
  いつか、ポンハ村にいってみたいと思っていたので、いい人脈ができた。

 次回、第3回のICEBAは、韓国が手を挙げているという。
 まだ、具体的なことが煮詰まっていなくて発表はされなかったが、韓国開催は確かなことのようだ。
「次も、通訳で呼んでくださいよ」
 
 ぬかりなく、関係者にアピールした^^
[PR]

by kimfang | 2012-07-25 14:11 | トピックス