動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/9/20 待つのが仕事
  新人のころ、故・小暮正夫先生(元日本児童文学者協会会長)からいわれた言葉がある。
「作家は、待つのが仕事のようなもの。特に名前が知られていない新人は、どんなに一生懸命に書いても読んでもらうまでに1、2年もかかる。ようやく読んでもらって出版が決まっても、すぐに編集してもらえない。絵が描きあがるのを待ち、デザインが終わるのをまた待ち、そうやって待ってばかり。待てない人は作家に向いてないから、やめなさい」
f0004331_10455271.jpg
 ぼくは待つのが苦手な人間だった。
 どんなに美味しいと評判のラーメン屋でも、人が並んでいるとやめてしまう。
 本は書きあけでも、本になって発売されるまでに2,3年はかかるもの(人気作家ならば、すぐにでるのだろうが)。
 さっさと進まないことに、ついつい、イライラしていた。

 そんなときに、小暮先生の言葉と出会った。あぁ、小暮先生だって、そういう時期があって、出来上がるのを楽しみながら待ってらっしゃるんだと知り、心がとても楽になった。
 ぼくが主に書いているノンフィクションや科学読み物は、例えでたとしてもすぐに反応がでる本ではない。長い年月をかけて少しずつ評判が広まっていくタイプの本。
 だから本がでたあとに、反応がでるのを、これまた待たないといけないのだ。
f0004331_1050503.jpg
 さて、かなり待てるようになったぼくが、久しぶりにイライラした原稿がある。
 2010年に書きあげた、韓国でだす『꿀벌이 없어지면 딸기를 못 먹는다고? ミツバチがいなくなると、イチゴが食べられなくなるの?』という科学読み物。昨今、イチゴなどの農作物はミツバチなしでは作れない。なのに、ミツバチについて知らなくていいの?という内容だ。(右の写真。受粉がちゃんとできてないと、まともな形のイチゴにはならない)

 イライラした理由は、担当編集者が3度も変わったこと。
f0004331_10515868.jpg
 最初の編集者は社内移動で子どもチームから大人のチームへ。バトンタッチした編集者は、以前に韓国版『サクラ』を作った気心知れた編集者。ところがいよいよ大詰めというところで、家庭の事情で敢え無く退社することに。で、3人目の編集者が受け持つことに。
 本当にだしてくれるんだろうな…と。
 イライラを通り越して不安になってばかり。
f0004331_1055281.jpg
 そんなこきには、小暮先生の言葉をまた、思い返した。
「待てない人は作家に向いてないから、やめなさい」
 何としても作家としてやっていきたいからから、我慢、我慢。信じて待とうと。

 昨日、絵が付いた最終原稿がようやく届いた。
 長く待たせておきながら、チェックに与えられる時間はいつも少ない。これもまた、作家業のつらいところ。

 3人もの編集者の英知が詰まった本は、いよいよ来月にでる……予定^^
[PR]

by kimfang | 2012-09-23 10:52 | トピックス