動物児童文学作家のキム・ファンです!!
12/12/3 紙芝居講座、無事に終了
f0004331_1394249.jpgf0004331_13102150.jpg
 ぼくが司会を仰せつかった関西センター「紙芝居講座」は、35名もの参加を得て無事に終了した。
 講師の童心社―橋口英二郎氏には、紙芝居の歴史、紙芝居と絵本のちがい、紙芝居の演じ方のみっつのテーマで熱く語っていただいた。
 
 また、フランス語版もでている「参加型紙芝居」-『ごきげんのわるいコックさん』と、岩崎ちひろの処女作ともいえる「物語型紙芝居」-『おかあさんのはなし』を実演していただいた。

 ・紙芝居は、絵本をばらしたものと思っていたが、まったく別のものだとよくわかった。
 ・コックさんがどうしてごきげんがわるいのか? 深く考えさせられた。
 ・おかあさんのはなしを見ながら、泣いてしまった。演じ方のノウハウを知った。
 ・紙芝居の脚本を書いてみたくなった。
 
 など、多くの感想をいただいている。

 今後も関西センターは、様々な役に立つ講座を催します。多くのみなさんのご参加をお待ちしています!
[PR]

by kimfang | 2012-12-03 13:11 | トピックス