動物児童文学作家のキム・ファンです!!
13/5/10 野田市のコウノトリも産卵!
f0004331_11164881.jpg
 9日、千葉県・野田市のコウノトリも産卵した。快挙である。
 一般的な感覚からすると、「鳥なんてオスとメスを一緒にすれば簡単に卵を産むじゃない、何が快挙? 大げさな」と思うことだろう。
 しかしコウノトリは、ペアにするのが、ましてや卵を産ますのがとてもたいへんな鳥なのだ。

 コウノトリの飼育を先駆的に行った豊岡でも、1羽のヒナを得るのに24年もかかった。過去の経験があるとはいえ、飼育1年目で産卵までこぎつけた今回の野田市は、快挙といってもいい。

 コウノトリはふつうニワトリの倍くらいの卵を1日おきにひとつずつ産む。全部で3個から5個産むのだ。野田市はコウノトリの一般公開をしていたが、初産卵を受けて中止した。しばらくは、そっと見守ってあげてほしい。
そして卵が有精卵であるという、さらなる吉報を待ちたい。

 野田市の取り組みは『きみの町にコウノトリがやってくる』でも紹介しています!
[PR]

by kimfang | 2013-05-12 11:16 | トピックス