動物児童文学作家のキム・ファンです!!
13/6/25 紙芝居の韓国語訳に変化あり
 以前、このブログで韓国では紙芝居のことを「종이 인형극」―「紙の人形劇」というと書いた。 これは紙芝居自体が日本の独自文化であり、韓国にそれを指すものがなくて、似たような(あまり似ていないのだが)「ペープサート」を指す「紙の人形劇」と呼ばれているということを報告した。

 先日、韓国で紙芝居を演じる際に、もう一度、紙芝居について韓国の検索サイトを入念に調べてみた。すると、以前の「종이 인형극」は影を潜めて「그림 영극」―「絵の演劇」という言葉に変化していることを知った。

 「그림 영극―「紙の人形劇」は、まったく新しい言葉ではない。以前も紙芝居を指す言葉としても存在していた。しかし有名な劇団の名前がこれまたまったく同じ「그림 영극」だった。これと混同されても困る。それでぼくも当時はより一般的だった「종이 인형극」―「紙の人形劇」の方を使っていた。

 人形が出てこないのに人形劇というのはかなり抵抗があったので、大歓迎だ。
f0004331_8573281.jpg
 さらに調べていくと、どうやらこういう動きになったのには、2010年に「日本ドキュメンタリー映画祭」でグランプリを受賞した、日本のドキュメンタリー映画、『出張紙芝居』が韓国でも公開されたことが影響しているようだ。
 映画は韓国でも高い評価を得て、ネットで販売もされている。

 さて、訳者は、『出張紙芝居』をどのように訳したのだろうか?
 『길 위 그림 연극』―。直訳すると、『路上紙芝居』。
 この映画の広がりとともに、日本の紙芝居文化が韓国で知られるようになっていき、紙芝居を指すより正確な韓国語が市民権を得てきているようだ。
[PR]

by kimfang | 2013-06-26 08:57 | トピックス