「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
13/7/21 紙芝居「チン」事件^^
f0004331_21473499.jpg
 2年前から、ジュンク堂書店さんとやってきた夏のイベント。今年は「みやこめっせ」で開催される「こどもの本 ブックフェア2013」の「文庫の部屋」の枠をいただくというかたちの開催とあいなった。
f0004331_22382649.jpg
 広い館内に児童書が2万点、総数5万冊が並ぶ。その出入り口付近に設けられた畳の敷かれたブース内で子どもたちを対象としたいろんな出し物が終日展開される。

 
 ぼくたちも出演したいと申し込んだものの、夏休み突入後の最初の日曜日ということで申し込みが殺到。
何とか取れたものの、50分のたった1枠のみ。時間が短い。それをふたつに分けても、2名で限界だ。

 「2年間連続で紙芝居をやらしてもらったので、ぼくは今回、辞退させていただきま~す」といったのだけれど、出し物は読み聞かせが多いので「ぜひ、紙芝居を!」ということで3年連続の登場となった。

f0004331_21572477.jpg
 まずは、北川チハルさんが『ハコくん』(WAVE出版)のお話ライブ。一期一会を弾きながら、何人もの声を変えて朗読。足元の「チン」と鳴るベル、わかるかな? 主人公がエレベーターで移動するたびに、チン~! チン~! と楽しく鳴らした。

 そしてぼくの紙芝居。3年連続で『とんだとだ! コウノトリ』(童心社)。無事に演じきって「はい、おしまい」といった途端、「チン~!」と鳴った。
 時間がきっちりと決まっているので、スタッフの方が鳴らしたのかな? と思っていたら、何と、北川さんのライブを見ていた男の子が、自分もベルを鳴らしたくて鳴らしたくて、とうとうがまんできずに、えいっ、チン~とやってしまったらしい。
f0004331_21582399.jpg
 周りにいた仲間の作家さんたちが、紙芝居の途中で鳴らさないよう「ダメ、ダメよ」と必死にガードしていたが、ついにスキを見つけて鳴らしてししまったそうな。

 それにしても、「はい、おしまい」「チン~!」とは、まったくもって見事なタイミング!!!

 紙芝居を終えて、舞台から降りくくると仲間がみな、大爆笑^^ 
 ぼくも事実をしって笑い転げた。思い出に残る、素敵な「チン」事件となった。
 
 来年の夏もイベントあるのかな? 来年は新作の紙芝居を披露したいものだ。
[PR]

by kimfang | 2013-07-22 21:59 | トピックス