動物児童文学作家のキム・ファンです!!
13/12/12 スーパーの中の「植物工場」
f0004331_13401641.jpg
 確か、2010年だったと思うが、ロッテマート・ソウル駅店の中に「植物工場」がお目見えした。
 一年に3,4回、しかも韓国にいく度に必ずここを訪れるのだから、目に留まらないわけがない。つまりは、気にならないわけがない。
f0004331_13394745.jpg
 ロッテなどの大企業が自らの店舗でこれを展示するのは、すなわち韓国が、今後は「国家戦略」として農業に力を入れていくという意思表示なのである。
 今回、地下鉄で移動中に、車中のモニターで残留農薬の危険について啓蒙し、無農薬野菜を推奨するコマーシャルがしきり流されていた。製作者がだれかは確認できなかったが、公的な機関だったように思う。公的機関が、農薬生産会社と距離を置き始めたということかな。

 ご存じ韓国は、アメリカ、ヨーロッパ、中国など、いろんな国と地域との間でFTAをしていて、日本で昨今話題になっているTPPまで参加しようとしている。農薬を使っていては勝負にならない。守りの農業政策から、攻めの農業政策に転換を図っているのだ。

f0004331_14133316.jpg

f0004331_13413648.jpg 
 野菜の絵本の企画案を書くときに、野菜に関しては海外の翻訳絵本が多くて、描かれている絵が子どもたちの知っている野菜と若干ずれがあることを指摘したが(前回の記事参照)、国が今後の主力輸出品として、自動車や携帯に代わって野菜などの農産物に力を入れていることも、いくつかの例をあげて説いた。

 もちろん、この小さな植物工場のことも。 

 無事に企画が通った一番大きな理由が、たぶん、これだったのかな?と勝手に勘ぐっている^^


 
[PR]

by kimfang | 2013-12-12 13:43 | 取材ノート