動物児童文学作家のキム・ファンです!!
14/1/27 韓国でカンムリウミスズメ22ペアの繁殖確認
f0004331_14353555.jpg
 日本と韓国だけに棲む「国際保護鳥」―カンムリウミスズメのことが、韓国でもようやく知られるようになってきた。韓国ではカンムリウミスズメのことを「プルセオリ 뿔쇠오리」という。

 韓国でカンムリウミスズメが発見されたのは1983年のこと。その後、天然記念物に指定されるなどの保護策は取られたが、あまり大きな関心は払われなかった。
 しかし最近になって、海外の研究者と共同で調査をするなど、積極的な動きがあり、徐々にその存在が一般の人たちにも知られるようになってきた。
f0004331_14393648.jpgf0004331_1440098.jpg
 そして昨年、今までない大規模な調査により、全羅南道・新安群の九屈島(クグル島 写真右上)という無人島で、22ペアの繁殖巣を発見。観察を続けた結果、確認された19個の卵から10個がふ化に成功したことがわかった。
 このように繁殖とふ化まで確認されたのは、1983年にはじめて発見されて以来、30年ぶりのこと。

 今回の調査で公開された親鳥とヒナの写真。ペンギンみたいでかわいいでしょ。
 生態も、繁殖期の30日ほどを除いてほとんどを海で暮らすなど、ペンギンともよく似ている。
 関係者は、ようやく本格的な調査と研究がはじまったとよろこんでいる。

 ぼくもカンムリウミスズメを本格的に追いかけて本に書かなくては^^
[PR]

by kimfang | 2014-01-27 14:36 | トピックス