動物児童文学作家のキム・ファンです!!
14/3/24 オモシロえほん塾・かみしばい塾 無事に終了
f0004331_21125923.jpgf0004331_2114931.jpg
 22日、「オモシロえほん塾・かみしばい塾」というタイトルがついた講演会を豊岡市でおこなった。
 当日、いろんなイベントが重なったので、当初の予想よりも少ない参加者になると主催者側から聞いていたが、どっこい、予約なしの飛び入りで参加してくださった方も結構いて40名の参加と盛況だった。
 紙芝居を実演するには、ちょうどいい人数だった^^


 最初に、さくらいともか先輩が絵本について語った。
 「絵本を読むということは、子どもたちが絵本の内容を経験すること」という内容だった。
 また絵本は、子どもたちがくりかえしくりかえし、何度も絵本を読み返すうちに新たな発見があるように工夫されていることを、実例をあげながら話された。

 続いてぼくの登場。ぼくは紙芝居担当だが、先輩が先に絵本について話しているので、絵本とのちがいを強調するだけでよくて、とてもやり易かった。
 実際、ぼくもコウノトリの絵本を紙芝居化した経験があり、豊岡で愛してもらっているコウノトリの絵本と紙芝居のちがいを、実例をあげながらお話させていただいた。
f0004331_21155961.jpgf0004331_21172797.jpg
 さて、絵本とのちがいは何といっても、ライブ感! 絵本は元もと読み聞かせのために作られてはいない。
 (講師のふたりがそのことを強調したので、受講された方たちはおどろいていた)

 方や紙芝居は、みなが同時に「共感」するのにはとても優れたツールだ。もっともっと、日本独自の文化でもある紙芝居を使ってという思いを込めて、
 参加型の紙芝居『ごきげんのわるいコックさん』
 物語型の紙芝居『こねこのしろちゃん』を実演し、好評だった。
f0004331_21225331.jpgf0004331_21231741.jpg
 最後に、市民作家さんが書かれた絵本の文の朗読があり、その後、さくらい先輩が、その文に合わせて描いてきた絵のラフが披露された。
 その絵を見て、涙ぐむ人も。

 やっぱ、絵が描ける人はすごいなぁ。絵本は、絵がいのち!と、あらためて感じた。
 いやいや、いい絵を描きたくなるような、いい文の方が大事なんだ。そんな文を書かなくては……。
 ちがうちがう絵本は文も絵も、どっちも大事……うーん、絵本は奥が深い^^

 先輩は、どちらもできる。実に、うらやましい。
 描けないわれわれは、描けけなくても、描ける人ほどに絵についてしっかりと勉強するしかないのである。

 講演のことを、 読売新聞さんと

 毎日新聞さんが記事にしてくれた。
[PR]

by kimfang | 2014-03-24 21:19 | トピックス