動物児童文学作家のキム・ファンです!!
14/5/25 復活するか?「霊光クルピ」
 韓国で有名な魚といえばクルピだろう。「韓定食」には必ずといっていいほどついてくるから、よく食べた。
 食膳にのぼった魚を見て、「この魚、何?」と友人や店員に聞くと、「クルピですよ」と答えがかえってくる。うーん……どこからどう見てもイシモチなのに……。
 韓国にいきはじめたころはクルピのことをよく知らなかったので、クルピとイシモチは、ちがう魚だと思っていた^^ クルピはイシモチを塩漬けして干したものなのだ。
f0004331_958231.jpg
 そのクルピのなかでも、最高級なのが「霊光 영광 ヨングァンのクルピ」。全羅南道の霊光郡のクルピは高級品だ。イシモチがとれなくなったからだ。
 それでも、12種類にものぼるといわれているイシモチ類のなかでも「本イシモチ」(黄金のイシモチと呼ばれているもの)だけを使用し、良質の塩でつけたあと、一年以上干すので、どうしても高くなってしまう。

 さて、そもそもイシモチを干したものがどうして「クルピ」と呼ばれるようになったのだろうか? 次のような話しが伝わっている。
 高麗17代、仁宗の時代、重臣のイ・ジャギョム(李資謙)が娘を王に嫁がせて政治を思うようにしようとしていたが、仲間の裏切りに会い、霊光の法聖浦に流された。
 そこはイシモチがよくとれる。とれ過ぎたイシモチを塩漬けにして干したところ、たいそう旨い。そこで王に献上した。そのときイ・ジャギョムは、この食べ物を「屈非 クルピ」と命名した。重臣として、王に変わらぬ忠誠を尽くすという信念は曲がっていないという意味をこめたのだ。
 献上されたクルピを食べた王は、イ・ジャギョムの変わらぬ忠誠心を知り、流刑の罪を解いたという。
 その後、王の御膳にもクルピが乗り、「霊光のクルピ」は全国的に有名になったという話だ。

 事実、霊光(ヨングァン)はイシモチのよい漁場だった。イシモチたちは春になると丁若銓が島流しになった黒山島近海から北上し、ちょうど穀雨のころに霊光郡へ到着、そして半島の西海岸沿いに延坪島あたりまでいき、また、南にもどる。
 霊光はクルピ発祥の地として高麗時代からその名を轟かせてきた。
f0004331_9584090.jpg
 その霊光郡で、原発が稼働をはじめたのは1986年のこと。韓国には4か所に原発があるが、霊光原発は唯一の西海岸側の原発だ。
 独裁政権のときに建設が決まり、反対意見は徹底的に力で抑えこまれた。そして計画当初から温排水による漁業への影響が指摘されてきた。
 最近になって国会議員から、温排水による影響調査をもう一度やるべきだという意見がだされている
 
 2012年には、部品の「品質保証書」が偽装されていたことが判明し、その後もトラブルが続く。
 イメージの悪化を恐れてか、霊光原発は名前を「한빛 ハンピツ 原発」と改名した。
 
 「霊光クルピ」が庶民の手の届かない高級品になってしまったのは、一にも二にも、よいイシモチがとれなくなったからにほかならない。海が壊され、乱獲が拍車をかけた。そこへ中国産が出回って需要が減り、高くしないとやていけなくなった。
 「霊光クルピ」の復活は、まずは原発をどうするかにかかっている。
[PR]

by kimfang | 2014-05-25 09:59 | トピックス