「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
14/6/21 シマリスのお寺?! 龍泉寺
 せっかく遠路はるばる咸平(ハムピョン)にまできたのだから、この辺りの名所にいきたいものだ。そんなこちらの思いもちゃんとわかっている牧師さんが、とっておきのところへ連れていってくださった。
f0004331_22214648.jpgf0004331_22224192.jpg
咸平といえば、毎年、開催されている『チョウ大祝祭』なのですが、今はもう終わっているので……」
 と、車を走らせて連れていってくださったのが、古びたお寺だった。
「牧師のわたしが案内するのも何ですが^^。ここは百済が建てたお寺のなかで2番目に古いんですよ」

 牧師さんの説明は続く。
このお寺の名前は『龍泉寺』といいます。600年に幸恩が建てました。お寺の回りは公園のように整備されていて、散歩をたのしむにはもってこいのところです。秋には彼岸花を目当てに多くの観光客がやってくるんですよ」

 へぇー。日本では彼岸花はどこにでもふつうにあるが、韓国で群落を形成しているところはあまりないらしい。知らなかった^^

 牧師さんの説明を聞いていたら、何か、小さな生きものが道を横切った。
「うわっ! シマリスだ!」
 ぼくは持ってきたカメラを素早くだしてパチリ、パチリ。

f0004331_2223315.jpgf0004331_22233173.jpgf0004331_2224125.jpg









 そしてまた牧師さんの説明を聞くのだが……^^ あかん、気になってしかたない。
「ご、ごめんなさい。韓国ではふつうに見られても、日本には、北海道にいかないと見られない生きものなので、すみません…もう少し写させてください」と、
 罰当たりにも、牧師さんの説明よりも撮影を優先してしまったのだ。

 実はぼくは、2011年に『シマリス』の科学読み物をだしている。
 シマリスに会うために、ソウル近郊の森や軍事境界線付近の森にもいった。でも、シマリスに会うのは、そんなに簡単ではなかった。
 ところがここは、3分も待っていれば、シマリスがどこかそこかにすぐに現れる。まさにシマリスのお寺だ!
 取材のとき、いろいろいかずにここにくればよかったのに。

 そしていつの間にか、ぼくがシマリスの生態について牧師さんに熱く説明してしまっていた^^ 
[PR]

by kimfang | 2014-06-30 22:24 | トピックス