「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
14/7/7 来週、「第5回コウノトリ未来国際かいぎ」開催
f0004331_23191240.jpg
 来週、19-20日に兵庫県豊岡市で「第5回コウノトリ未来国際かいぎ」開催される。
 ここでもお知らせしたが、今、豊岡で育ったメスのコウノトリが韓国へいっている。
 日本でJ0051と呼ばれていたコウノトリには、「ポンスン」と愛称がついた。なかなかの人気物になっている。
 また、韓国は来年にコウノトリを放鳥する予定でもあることから、今回の国際かいぎには研究者だけでなく、鳥が大好きな和尚さんや元先生のナチュラリスト、環境NGO代表など、10名近い人たちが参加する。

 さて、そんなに多くの人がやってくると問題になるのは通訳だ。第3回会議から務めてきた通訳を、今回も受け持つことになった。本会議での発表だけでもふたり。ほかに環境NGOの交流会でもひとりが発表する。
 もちろん、発表だけ訳せばいいのではない。人と人が交流するところ、すべてをカバーなくてはいけない。そんな多人数をぼくひとりではカバーできない。
 そこで急きょ、「助っ人通訳」が韓国からくることになった。よく知っている友人なので、頼もしい。
f0004331_23201124.jpg
 

 ぼくが訳すことになるのは、韓国のコウノトリ研究の第一人者であるパク・シリョン韓国教員大学教授と、イ・チャヌ慶尚南道ラムサール環境財団研究員の発表だ。
 J0051の暮らしぶりと、来年の放鳥について、熱く語ってくれることだろう。

 今回の国際会議には、安倍首相夫人をはじめとする多彩で豪華なパネラー・ゲスト陣が参加する。
 詳しくはここをクリック!

 みなさんも、国際かいぎに、ぜひ、ご参加ください^^ 

 
[PR]

by kimfang | 2014-07-07 23:21 | トピックス