動物児童文学作家のキム・ファンです!!
14/12/17  『ゴリラ』のラフ、届く
 ゴリラの科学読み物を韓国でだす予定をしている。9月に画家さんと一緒にソウル大公園にいき、一般人が入れないところまで入れてもらって詳しく取材をした。
 その後、簡単なラフがきて意見をいったが、いよいよ本格的なラフと、ソウル大公園から写真も届き、校正段階に入った。
f0004331_17521763.jpgf0004331_17555448.jpg
 絵ができるのは年が明けてからだろうと高をくくっていたから、「早くラフの確認を」といわれて、先週は本当にあたふたした。何とか、昨日、無事に確認が終わった。

 さてさて、今回のゴリラの本にも、更に「進化」したぼくの似顔絵が随所にでてくる^^
 『人間の古くからの友だちイヌ』のときは初めて組んだから、画家さんも少し遠慮気味にかわいく描いてくれたが、あのあと、かなり仲良くなったし、取材も一緒にいったから、今回はもっと「リアル」に描いてきた感がある。
 ま、子どもたちが親近感を持ってくれれば、それでいいのだけど^^
f0004331_17532784.jpg
 絵に描いてある「グッ、ウフーム」は、ゴリラがあいさつするときの言葉。
 取材にいったときに、しきりにぼくが「グッ、ウフーム」と、ゴリラにあいさつをしていのがかなり印象に残ったのだろう(笑)

 今回の本のタイトルは『ゴリラから平和を学ぶ』(仮)。
 多くの人がまだまだゴリラは凶暴だと思っているが、本当は優しい「平和主義者」なのだ。ゴリラの社会には序列もなく、ほかの群れを襲ったりもしないのである。
[PR]

by kimfang | 2014-12-17 17:53 | トピックス