動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/1/28 子どもの目線 絶賛!
韓国絵本紹介コラム8回目です。
子どもの目線 絶賛!
f0004331_20222613.jpg
 一年で一番寒い時期だ。例年ならばぼくはこの時期、必ずといってもいいほど風邪で寝こんでいたが、今年はまだ大丈夫。もしかするとそれは「木爪(モグァ)茶」という、カリンを使った韓国伝統茶のおかげかも知れない。
 むかしから寒さの厳しい韓半島では、風邪の予防に柚子(ユジャ)茶や生姜(センガン)茶が飲まれてきた。とりわけ木爪茶はよく効くと信じられ、秋にカリンの実が市場に出回るようになると、多くの家庭で漬けられる。

 今シーズン、わが家でも手づくりの木爪茶をつくった。カリンの実を銀杏切りにし、蜂蜜と黒酢で漬けた。それを毎日お湯でわって飲み、実も一緒に食べている。まだ風邪で寝込んでないのをみると、やはり木爪茶は効果があるようだ。
f0004331_20242548.jpg
 しかし、どんなに予防していても風邪をひいてしまうことだってある。そんなとき大人たちは、「あのとき、コートを脱いじゃったからかなぁ」「事務所が乾燥しすぎなのよ。加湿器がないから風邪をひいちゃうのよ」「あいつのせいだ。あいつがコンコン咳きこんでいたから、うつったんだ」などと、自分が風邪をひいた理由を分析する。
 今回紹介する『かぜひいちゃった日』(原題 감기 걸린 날)は、主人公の女の子が自分が風邪をひいた理由を、子どもならではの目線で考えていくというストーリー。

 雪がいっぱい降った日、オンマは新しいダウンを買ってくれました。ダウンを着て鏡に向かうと、羽根が一枚、飛びだしていました。羽根がどうして飛びだしたのかなあ? と考えているうちに眠ってしまいました。
目を覚ますと、目の前にたくさんのアヒルさんが。アヒルは羽根がなくて寒いといいます。女の子はアヒルさんに……。  
 さてさて、女の子は自分が風邪をひいた理由をいったいどのように分析したのか?
f0004331_20251077.jpg
 この絵本は、2002年の「ポリム(韓国の出版社)創作絵本公募展」の優秀賞を受賞した。子どもの目から見た不思議さと、想像力のおもしろさを新鮮な感覚で描いたと絶賛され、フランスと台湾でも発売されている。
 絵の下部はノートのようになっていて、女の子は自分が経験したことを素直な言葉でつづっていく。まるで、子どもが絵日記を書いているようだ。このような形式は斬新だ。

 そうそう、斬新といえば日本語版では、今までない画期的な試みもなされている。本文の一番下の方に、小さく韓国語が書かれているのだ。ぼくは日本ででた韓国の絵本を数多く見てきたが、巻末にまとめて韓国語がついている絵本はいくつか知っていても、本文に韓国語がついているのははじめてだった。
 韓国語を勉強している方に、ぜひ、お勧めしたい絵本だ。  

 記事全文はここから読めます。

 1月24日の「朝日新聞」でも、カリンは大きく取り上げられました。
 写真は、ぼくが経営するクリゴカフェのモグァ茶。今シーズンのモグァチャは、あと残り少なくなってきました。
 お早目に^^
[PR]

by kimfang | 2015-01-28 20:28 | 連載