動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/3/25 済州島の歌 絵本で全国へ
韓国絵本紹介コラム13回目です。
済州島の歌 絵本で全国へ   

 前回に引き続き、クォン・ユンドクの作品を紹介する。今回は 『しろいは うさぎ』(原題 시리동동 거미동동)。済州島の人びとによって歌い継がれてきた言葉遊びの歌に感動した作者が、いくつかの歌をもとにつくりあげた。
 主人公の女の子は、海女のオンマが仕事からもどってくるのをひとりで待っている。溶岩でつくられた石垣のうえにクモがいるのを見つけると、
 ♪ シリドンドン コミドンドン ♪ と歌いだす。これは、クモが糸にゆらりとぶら下がっている様子を表現した済州島の方言だ。
f0004331_19383686.jpg
 「ゆらぁりゆらぁりは クモの巣だね
  クモの巣は 白い
  白いは ウサギ
  ウサギは 飛ぶよ
  飛ぶのは カラス
  カラスは 黒い」

 どんどん歌は続き、やがて終わりへと向かう。
 「海は 深い 
  深いは
  母さんの心だね」

 最後の言葉は、思わず胸がキュンとなってしまう。
 でも……。はじめて読んだときは、「アッパだって負けていないだけどなぁ」と思ってしまった。まったくアッパがでてこなかったからだ。
 しかし絵本を何度か読みかえすうちに、どこにも描かれていないはずなのに、どこかにアッパがいるように感じてきた。小さく描かれた土が丸く盛られたお墓や、黒い岩山のやさしい表情などから、女の子を見守っているアッパの存在を感じるのだ。
f0004331_1939726.jpg
 むかし済州島では、男が漁にでて命を落とし、女と子どもだけで暮らすことも多かったという。クォン・ユンドクは、原書に寄せたあとがき(日本語版にはない)で、つぎのように語った。
 「わたしはこの本を描きながら、悲しみを学んだ。(中略) だから、むしろ宝石のように美しく描きたかった。あまりにも悲しいのに、悲しくないように描く方法を学んだ。
 済州島には女神がたくさんいる。オンマが辛くて寂しい人生を地面のくぼみのなかに置き、人と自然を抱きかかえて笑っている。わたしはそのなかに大きな女神を見た」

 よきアッパ、愛する夫を亡くした悲しみをただ、悲しく伝えるなら誰でもできる。作者は悲しみを、まったく正反対であるぬくもりのある絵で描き切った。
 「深いは 母さんの心だね」という最後の言葉の裏にはきっと、ひとりで育ててくれているオンマへの強い感謝の気持ちがこめられているのだろう。

 この絵本は教科書に収録されただけでなく、お話と歌と踊りで構成された子ども向けコンサートにもなって各地で上演された。済州島に伝わってきた言葉遊びの歌は、全国の子どもたちが知る歌となったのだ。 

 記事全文は、ここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-03-25 19:40 | 連載