「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/4/2 デニムのポジャギ
 4泊5日で6講演の「講演週間」の締めくくりは、マサンでの講演だった。
 ソウルからKTXに乗ってチャンウォン中央駅に。そこに迎えにきてくれていたのが、チョン・ホンピョさん。
 昨年12月に宮城県・大崎市で開催された「第3回 生物の多様性を育む農業国際会議 2014」(ICEBA)で出会った人で、慶尚南道の教育庁に勤めている。
 ICEBAでとても仲良くなり、必ず慶尚南道に呼びます! といってくれた約束を果たしてくれたのだ。
f0004331_196291.jpg 
 講演は7時から。その前に食事にいきましょうと連れて行ってくれたのは、むかしながらの面影が残る小さな食堂。そこに入るなりぼくは感動し、
 「オモニ、そのまま。そのままやってて!」
 と、いって急いでカメラを持ってきて撮った。
f0004331_19733.jpg
 韓国の人たちは着物をつくった切れはしを無駄にせず、縫い合わせてポジャギをつくります――。

 うちのカフェには、妻や娘が縫ったポジャギがあちらこちらに飾られていて、日本の方にはこのようにポジャギの説明をするのだが、妻や娘が縫っている布は、専門店で買ってきた新しくて美しい布だ。

 ぼくは、生まれてはじめて生活感のある、庶民の文化としてのポジャギを目の当たりにしたのだ。だから、感動して、何枚も写真を撮った。
f0004331_1974370.jpg
 見てほしい。きれいな麻や絹ではない。家族が長い間はいていたデニムだ。これを再利用するかたちでポジャギをつくっている。
 マサンで、とってもいいものを見せてもらった。

 もちろん、講演は大盛況で、無事終了。
 チョン・ホンピョさん、カムサハムニダ^^
 
 
 と、いうことで、突然ですが、うちのカフェで「ポジャギ教室」を開催します。
 5月11日(月曜日)。
 詳しいことは、後日、クリゴカフェのホームページブログにてお知らせします

 ホームページの完成が遅れていてすみません。店の雰囲気やブログ、地図は見られます。
 今月中の完成を目指しています^^ 
[PR]

by kimfang | 2015-04-06 19:09 | トピックス