「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/5/21 コウノトリとともに生きる―市長講演
f0004331_959225.jpg 
 21日。いよいよ、今回の旅で一番大事な豊岡市長の講演の日がきた。ところがこの日も朝から新聞社のインタビューや、慶尚南道の副知事さんとの会談などがあり、市長と講演の打ち合わせをする時間がとれない。
 会場に着くとまた、昌原市の副市長とフォーラムの発表者とを囲んでの簡単な歓談があり、直前の打ち合わせもできなかった。
 大丈夫か……。
f0004331_10001.jpg
 不安の募るなか、「コウノトリとともに生きる―豊岡の挑戦」というタイトルで、市長の講演がはじまった。ぼくは聴衆からは見えないところでひとりテーブルに座って、市長の話を淡々と訳すつもりが……^^
市長の話術にぼくもはまってしまって、情感たっぷりに、まるで自分が講演しているように話してしまった。
 通訳しては失格なのかもしれないが、コウノトリの野生復帰のために豊岡市民が取り組んで来た半世紀に及ぶ懸命の努力を、淡々と語ることなどできない。

 講演会のあと、多くの聴衆から、「感動しました」「ぜひ、豊岡にいってみたい」「まるで、市長がそのまま韓国語で話しているようだった」といってもらい、たいへんうれしかった。
 通訳が上手いんじゃなくて、市長の講演そのものが素晴らしく、豊岡のみなさんがやってきたことが偉大なのだ!
f0004331_1005839.jpg
 さあ、もう、市長の講演も無事に済んだので、もう、お役御免。休んでいいだろう。関係者に愚痴をこぼしても、まだ、解放してくれない。今回の旅行をMBCテレビが取材していて、この日も、「トキ」保護センターで「コウノトリ」のインタビュー^^
f0004331_1012598.jpg
 市長はぼくに話しかけるように語り、ぼくがそれをカメラの横で訳す。
 テレビ局のみなさん、ぼくの通訳料はないんですか? 
 ならばせめて、ぼくもテレビにだしてや!

 MBCのドキュメンタリー番組は、9月の放鳥に合わせて放映されるという。
[PR]

by kimfang | 2015-05-29 10:04 | トピックス