動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/5/29 EBS「たったひとつだけの地球」の字幕に名前が
 韓国には教育番組専門の「EBS」という放送局がある。4月のことだった。突然、「하나뿐인 지구 たったひとつだけの地球」チームの構成作家さんからメールが届いた。
f0004331_11595967.jpg
 …いま、イルカの番組を制作中です。資料を探していたところ、キム先生の『イルカ』がとても参考になりました。わたしたちは、日本のイルカに詳しい先生に、日本取材のアドバイスをいただきたいので、電話してよろしいでしょうか?…。

 おおよそ、こんな内容だった。
 すぐに電話がきて、日本でイルカの取材をするのなら○○がいいよ、候補地を三つほどあげてアドバイスをした。
 
 するとまた数日後に電話がきて、御蔵島に取材にいくことが決まった。取材のコーディネートをしてほしい、できれば通訳として一緒にきてほしいと要請があった。
 でも……。
 もうそのときには、前回の記事に書いたように、慶尚南道ラムサール環境財団と豊岡市から、市長の通訳兼ガイドの話がまとまっていてその準備に忙しく断った。 
f0004331_120375.jpg
 そこで、動物に詳しく、日本語が堪能で、しかも大学時代に撮影を学んだという、もうこの人しかいないだろ!という最高の知人を紹介した。
 知人も予定があったが、彼はうまく調整できたようで、撮影に同行。海中でのイルカの撮影にも成功したという報告を受け、こちらも自分のことのように嬉しかった。
f0004331_1211893.jpg
 29日。いよいよその放送のある日、例の構成作家さんから感謝のメールが届いた。そしてそこは、
「感謝の気持ちを表すために、ラストの字幕にキム先生の名前を入れました」とあった。
 
 放送は、インターネットを通じてリアルタイムで観た。
 ラストの字幕に「お世話になった人」として名前がでて感激。
 なんてったって、EBSである。そこで名前がでたことは、また、つぎの仕事につながるし、箔もついた。本当にありがたいのは、こちらである^^
[PR]

by kimfang | 2015-06-02 12:02 | トピックス