「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/6/12 韓国「禮山コウノトリ公園「開園!
f0004331_16161673.jpg
 6月9日、韓国の忠清南道禮山郡にて「コウノトリ公園」が開園した。
 韓国は今年の9月にコウノトリの放鳥を控えており、この施設で、コウノトリの繁殖と野生馴化訓練を行う。また、コウノトリの生態や文化を市民に知ってもらうためのコウノトリ文化館もある。

f0004331_161836100.jpg
 韓国では、日本から野生のコウノトリ2羽(野生復帰した親から生まれた)が飛来(うち1羽は日本に帰った)したことなどで、コウノトリに対する関心が非常に高まっている。
 
 先月も慶尚南道の昌原(チャンウォン)市で開催された「生物多様性」をテーマにしたフォーラムでは、日本の中貝宗治豊岡市長を招待し、「コウノトリとともに生きる」というタイトルで講演が行われた。

 その講演の直前に、「慶南道民日報」が豊岡市長への単独インタビューを行った。講演もインタビューもぼくが通訳を務めたのだが、記事がでていのを見つけたので、ここで紹介したい。
 市長のいいたいことが正確に伝わったか、少し不安もあったが、ちゃんと伝わっていてうれしかった。
 ただし、韓国語ですが^^

 市長インタビュー記事 慶南道民日報
[PR]

by kimfang | 2015-06-21 16:20 | トピックス