動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/9/8 絵本『アニマルパスウェイ』入稿
 韓国の放鳥式典も無事に終わった。少しは休もうかと思ったら、日本につくなり出版社から緊急連絡が。『人がつくった動物の道―アニマルパスウェイ』の最終校正を送るので月曜日まで確認してほしいというではないか。
 ぼくの週末は休みではない。小さなカフェだが、土日はそれなりに忙しい。コウノトリ関係の仕事もまだある。そんななか、大急ぎで校正を確認した。
f0004331_1051083.jpg
おおっ!  そうきたか!!
 出版社とのやり取りに使う「ウェブハード」というオンラインファイル保存・共有サービスで表紙を見ておどろいた。
 イントロで使う予定の絵が表紙に「格上げ」されていたからだ。※以前の表紙はここから。

 先日の記事で、韓国絵本の発展にたいへんな貢献をした、イ・ホベク氏がこの絵本のデザインを担当すると書いた。数々の名作を手掛けてきたイ氏のこと、何かしてくると思っていたが、まさかの展開にびっくりした。
f0004331_1055395.jpg 
 つぎにとびら。ぼくたちが表紙にしようとしていた絵がとびらに使われていた。※以前のとびらはここから。

 おどろきはそれで終わらなかった。なんと、とびらに使おうと思っていた絵が、イントロの絵に、いや、本文最初のページの絵になっていた。※これはお見せできません^^
f0004331_1094546.jpg
それだけではない!!!
 本文の文字が左に傾いたかわいい文字になっていた。しかもポイントが小さい。
 もちろん、文章が入る位置も、数か所変わっていた。

 でも、新しいデザインの方が、やっぱりしっくりしてとてもいい^^
さすが、イ・ホベク氏!!!!

 ホント、本というものは、デザイナーでこんなにも変わるもんなんだということを実感した。
 9月8日の朝、OKをだした。その日のうちに印刷所に送られた。早ければ今月下旬にも出版される。

 おっと、大事なことをいいわすれた。この絵本は「優秀出版コンテンツ選定作品」。それを知らせるマークが表紙についている。
[PR]

by kimfang | 2015-09-10 10:10 | トピックス