「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/9/23 市長と和尚のトークショウ
  2005年9月24日は、日本ではじめてのコウノトリの放鳥が行われた日だ。ぼくは韓国から招かれた韓国教員大学のパク・シリョン教授の通訳として放鳥式典に参加した。あの歴史的な日から早くも10年が過ぎたのだ。その放鳥10周年を記念し、豊岡市のコウノトリの郷公園では様々な催しが開催されている。

 そのなかのひとつに、「韓国に渡ったコウノトリ写真展」があった。ご存知のとおり、J0051(韓国での愛称 ポンスニ)とJ0092(韓国での愛称 チェドンイ)は韓国へ渡って大きな話題となった。その子たちの写真だ。
 J0051は一年と一か月ぶりに日本へもどってきたが、J0092は今もなお、済州島で暮らしている。そしてなんと今月のはじめ、3羽目となったJ0094(韓国での愛称 ウルサン)が確認されて、今もウルサン(蔚山)あたりで滞在している。
  J0051の飛来は、韓国に「コウノトリブーム」をまきおこした。そのブームの流れのまま、韓国初の放鳥も無事に成功した。日本の放鳥の前にハチゴロウという野生のコウノトリが飛来して多くを教えてくれたように、ポンスニもまた豊岡から韓国へ飛来し、多くのことを教えてくれたのだ。

 その、ポンスニという愛称の名付け親であり、チェドンイとウルサンの名付け親でもあり、これらのコウノトリの観察者であり、そしてJ0094の足環の確認者でもある、韓国でとても有名な「鳥の和尚」こと、トヨン和尚が撮ったポンスニとチェドンイの写真展が10周年記念イベント期間に郷公園で開かれている。
 23日には、豊岡市長とトヨン和尚のトークショウがあった。このふたりをよく知るぼくが通訳を務めた。

f0004331_17182313.jpgf0004331_17184354.jpgf0004331_171906.jpg








 このトークショウの前座として、ぼくは自作の紙芝居『とんだ とんだ! コウノトリ』(童心社)を演じた。
だって、この物語の主人公である「コウちゃん(郷公園では武生)」のひ孫こそが、J0092とJ0094だもの。

f0004331_1721261.jpgf0004331_17211939.jpgf0004331_17214365.jpg








 トークショウの後半、和尚は墨でコウノトリの絵を描くパフォーマンスをした。そして市長がこの絵に「わ」という文字を「^^」笑顔付きで書き加えた。和尚がどんな絵を描き、そこに市長がいったいどんな文字を書き加えるのか? 多くの人たちが注目し、そしてみんながほほ笑んだ実にいいパフォーマンスだった。何を隠そう、これはぼくのアイデアなのだ。

 韓国の放鳥式のとき、トヨン和尚が自らの絵本『おばあさんとコウノトリ』を市長にプレゼントする際に、即興で絵を描いてサインしていたのを見て、「これだ!」と思いついた。実は、このときすでに、トークショウの内容や流れを考えてほしいと豊岡市から相談があったのである。パフォーマンスがうけて、ほっとした^^

f0004331_17245632.jpgf0004331_17253990.jpgf0004331_17255472.jpg








 さて、パフォーマンスも終わって、和尚が自らの写真を前にギャラリートークをはじめると、何と、J0092とJ0094のお母さんであるJ0399がやってきた。トークショウが行われているホールのガラス戸一枚向こう側に降り立ったのだ。
 きっと、自分の息子と娘の写った写真を説明する和尚の話を聞きにきたのだろ。
 和尚に、くれぐれも自分の子どもたちが無事に安全に暮らせるよう、環境を整えてほしいと頼みにきたようでもあった。

 ぼくと和尚は次の日、J0092(チェドンイ)が生まれた「日高町山本」の人工巣塔にいって、静かに手を合わせた。そしてJ0399の思いを深く心に刻んだ。

 写真展に関する神戸新聞の記事は、ここから読めます。

 トークショウに関する神戸新聞の記事は、ここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-09-27 17:26 | トピックス