動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/10/31 おいしいよ!韓国料理
韓国絵本紹介コラム29回目です。
おいしいよ!韓国料理

 食欲の秋だ。おいしい韓国料理をつくってみては! 
 「韓国料理をつくってみたいわ。でも、どうやってつくればいいのかよくわからないのよ。それに韓国料理の本はどれもみな本格的すぎて、わたしにはむずかしすぎるわ」
 と思ったみなさんに、ぜひ、おすすめしたい本がある。『おいしいよ! はじめて つくる かんこくりょうり』(原題 고사리손 요리책)だ。

 原題を直訳すると「わらびの手 料理本」となる。「わらびの手」というのは、韓国で子どもの手のことを表すときに好んで使われる表現だ。つまりは、子どもでもつくることのできる料理本だから、むずかしい料理はない。
f0004331_18315796.jpg
 ではひとつだけ、最初の「おすを いれない かんこくのりまき」のページを紹介してみよう。
 料理のタイトルの下に目をやると、
 こめ 1カップ
 やきのり 3まい
 きゅうり 1ぽん……。というように、材料がすべてイラストで描かれている。その右側には、
 1 こめを といで ふっくらと ごはんを たきます。
 2 のりは はんぶんに きります。
 3……というように、具体的なつくり方が、これまたイラスト入りで簡潔に説明されている。
f0004331_18323427.jpg
ページの最後には、「おとなのかたへ」という説明書きがあり、
「韓国ののりまきは、ごはんにお酢を入れません。韓国ではキムパプと呼ばれています。キムはのり、パブはごはんのことです。……日本ののりまきより、薄く(1.5センチくらい)切るのがポイントです」と書かれている。
これなら簡単に韓国料理がつくれるだろう!

 ほかにどんな料理が紹介されているのかというと、「やさい たっぷり はるさめチャプチェ」、「ふわっ ふわっ ちゃわんむし」、「さっぱり さわやか オミジャ茶」、「もっち もっち じゃがいものチヂミ」など30種。

 ところでこの絵本はとても「贅沢な絵本」だ。総合演出は、『うさぎのおるすばん』でニューヨークタイムズ「年間優秀絵本」に輝いたイ・ホベク。デザインは、『マンヒのいえ』や『しろいは うさぎ』といった作品で、今や韓国を代表する絵本作家となったクォン・ユンドクが担当しているからだ。
 韓国での発売から20年を迎えた今も、多くの支持を得ているロングセラー絵本だ。

 記事全文は、ここから読めます。

 キムパプの写真は、うちのカフェが提供しました。プルコギが入ったキムパブです^^
[PR]

by kimfang | 2015-10-31 18:32 | 連載