動物児童文学作家のキム・ファンです!!
15/11/28 大切でないものなどない
韓国絵本紹介コラム32回目です。
大切でないものなどない   
 
 秋の夜長、趣味の縫い物をたのしんでおられる方も多いことだろう。今回は、韓国の伝統的な裁縫道具たちが登場する絵本、 『あかてぬぐいのおくさんと7人のなかま』(原題 아씨방 일곱 동무)を紹介しよう。
f0004331_115425.jpg
 この絵本のもとになっているのは、朝鮮王朝後期の作品と考えられている、 「閨中七友争論記」という作者不明のお話し。「閨中」とは、女性の生活の部屋であるアンバンのことで、閨房(キュバン)とも呼ばれた。その部屋のなかにいる「七友」とはつまり、裁縫をするのに欠かせない七つの裁縫道具のことで、これらがお互いに争うので「争論記」なのだ。
 イ・ヨンギョンは、当時の女性の生活や心がわかる重要な資料である「閨中七友争論記」を、子どもたちでも読めるようにやさしく脚色し、まるで民画を見ているような味わい深い絵をつけて絵本にした。

 むかし、頭に赤い手ぬぐいをかぶっている奥さんがいて、奥さんは縫い物がとても上手だった。
 ところがある日、奥さんがうたた寝をしていると、物差し夫人がみんなを見下ろしていいう。
 「わたしたちのなかで一番大事なのは、このわたくしですよ!」

 それを聞いたハサミお嬢さん、針娘、糸姉さんが自分こそ一番大事と主張する。
 だまって聞いていた指ぬきばあちゃんがさりげなく加わる。
 「奥さんが指先にケガをしないようにお守りするのがわたしの役目さ」 
 するとまた、我慢していたのしごて乙女とひのし姉やがいう。
 「でこぼこの針目にのしごてをあててうつくしく仕上げるのは、いったいだれでしょう?」
 「しわが寄ったり折り目がついたところをわたしがきれいに伸ばします。最後の仕上げこそ一番大切」
f0004331_1153990.jpg
 七つの道具たちのいい争う声で目を覚ました奥さんは、こらえきれなくなり、大きな声でいった。
 「一番えらいのはこのわたしだよ。わたしの腕がいいから、お前たちも自分の役目が果たせるんじゃないか。わかったかい!」
 そしてまた、寝てしまったのだ。

 奥さんに怒られて、七つの道具たちはしょんぼり。自分なんか、どうでもいいものだったんだと思うと悲しくなってしまった。
 すると、眠っている奥さんが大粒の涙を流しはじめたではないか!
 「こわい夢でも見ているのかしら?」
 「かわいそうだわ。おこしてあげましょう」
 奥さんは、道具たちがいなくなる夢を見て泣いていたのだ。目が覚めた奥さんは道具たちに……。

 この絵本は、韓国の小学校の教科書に採用されていることもあって、韓国の子どもたちみなが知っている。
 それぞれ役割はみんなちがうけれど、どれひとつ大切でないものなどない―。
 そんなことを気づかせくれる名作は、学校での読み聞かせに最適だ。

 写真の指ぬき―コルムは、朝鮮王朝時代のもの。

 記事全文は、ここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-12-02 11:06 | 連載