動物児童文学作家のキム・ファンです!!
16/3/29 鮮魚、よみがえる
 2年前の春、「鮮魚の絵本」を韓国でだすべく、一生懸命に書いていた。
 鮮魚の絵本を思いついてからは、韓国にいくたびにスーパーの鮮魚売り場で写真を撮った。すると決まって、「お客さま、店内での撮影はおやめください」と忠告を受けた。

 日本ではスーパーで写真を撮っても別にとがめられないのだが、韓国ではお店が写真を撮られるのを結構いやがる。
 どうしてなんだろう? その理由はよくわからないが、それでも職員に見つからないように、または店を変えてたくさん撮った。

 そうやって取材してようやく書いた絵本だったが……。
 結局、出版には至らずに終わった。幼児にはむずかしいという理由で。
f0004331_16452535.jpgf0004331_16454948.jpgf0004331_1646843.jpg
 ところで、韓国だからといって、日本とぜんぜんちがう魚が売られているのではない。タイセイヨウサバ(模様が鮮明)と国産のサバが一緒に売られていたりするところなどは、日本とそっくり。
 韓国人はイシモチが好きだが、タイだって食べるし、サンマだって食べる。 写真左から、タチウオ、サンマ、ニシンとタイ。
 素材は同じでも日韓では調理法が結構ちがう。でも、ぼくの絵本は魚の生態を教える知識の本なので、調理法は関係ない。

 ところがだ!
 1月に韓国にいったとき、断った出版社の次長と話をしていて、ふと、例の鮮魚の話になった。おそらく、ぼくの担当編集者が4回もころころと変わったのが問題だったのだろう^^
 次長が鮮魚の原稿のことをまったく知らなくて、編集者を介さずに直接、原稿を再度送ってほしいとの要望があった。
 何とかなるかもしれないぞ……。
 淡い期待を持ちながら、ひと月ほど、じいっと連絡を待った。

 2月になって、うれしいことに出版を検討してもいいといってきた。
 ただし、低学年用に書かれた今の原稿を、幼児向けのものにちゃんと書きかえられたら、とう条件づきで^^
f0004331_16561088.jpg
 ぼくは元来、中学年や高学年向けが得意で、低学年、幼児向けはあまりやってこなかった。
 でも、もう、そんなことはいってられない。せっかくのチャンスだもの。
 ふだんはあまりやらないキャラクターを立てたり、ユーモアをどんどん入れたりして、ひと月かけて何とか幼児向けに書きかえて送った。

 そして数日前、出版できます! という返事がきた。
 ふーっ。1月から魚のことばかり考えていた日々が続いたが、やっと魚から解放されそうだ。

 写真左下。ウナギがこんな形で売っているのは韓国ならでは。どうやって調理するんだろう? 
[PR]

by kimfang | 2016-03-29 16:47 | トピックス