動物児童文学作家のキム・ファンです!!
16/9/1 クリーンセンターで「発見」!
 今回の視察は、そもそもイェサン郡の郡守さんが豊岡を訪問したときに、朝4時半に起きてまちを散策したところ、ゴミがひとつも落ちてなくておどろかれた―というのがそもそものきっかけだという。

 つまり、今回の視察のなかの最も核となるのがゴミ行政についてヒントを得ること。
 逆にいうと、「キムさん、いいもの見せてもらった。とても参考になった」といってもらえるかどうかが、この視察をコーディネートしたぼくの仕事への評価になるのだ。
 
 さあ、いよいよゴミについての視察がはじまった。ゴミステーションでパッカー車がゴミを収集していく様子、リサイクル業者の工場の見学、スーパーでトレイが回収されている様子など、実践的な視察となった。
午後には、この8月から動きはじめた「クリーンパーク北但」も見学した。
f0004331_6344997.jpgf0004331_6352065.jpg

 しかし1日中ゴミのことばかり話していてわかったことは、日本と韓国のゴミ事情があまりにもちがうということ。

 例えば韓国では、毎日ゴミ収集(日本は週2回ほど)が行われているが生活ゴミがまったく減らないこと。スーパーの入り口などで行われいるトレイ回収はなく、ペットボトルもキャップやラベルをはがすところまで分別できていないこと。
 
 そして何よりも、行政が動かなくても自発的に掃除するという、意識の差。

 もしかすると今回は期待したほど参考にならなかったかもしれない……。
それでも、市が作った「分別とリサイクルの手引き」や色分けされた「収集計画表」などは、即効力のあるヒントをもらったといってくれた。
 ぼくのコーディも「及第点」はもらえたかな^^
f0004331_6354261.jpgf0004331_636066.jpg

 けれどもぼくは、とってもいい「発見」がたくさんあって「満点」だ。なぜなら、創作の新しいテーマをしっかりと見つけたから。
韓国でゴミをテーマにした絵本をださないといけない!ということに気付いた^^
[PR]

by kimfang | 2016-09-03 06:36 | トピックス