動物児童文学作家のキム・ファンです!!
16/9/16 ふれあい学習「京都人権ゆかりの地めぐり」でお話
f0004331_1014188.jpg
 京都第三錦林小学校6年生のふれあい学習、「京都人権ゆかりの地めぐり」のなかで、「クリーニング屋のおじさんは、どうして作家になったのか?」という題でお話させていただいた。今年で3年連続、3回目となる。

 ふれあい学習とは、学校・家庭・地域が 一体となって、地域の教育力の再生・充実や地域の活性化を推進する学習活動のことをいう。
 京都市立第三錦林小学校6年生の「京都人権ゆかりの地めぐり」は、男女差別、外国の方に対する差別、障がい者の方に対する差別というそれぞれのジャンルに沿って学習するのだが、ぼくは外国の方に対する差別について話した。

 実はこの講演、小学校からの直接の依頼ではなく、京都国際交流協会さんからの依頼だ。せっかく国際交流会館を訪ねるのだから、そこで外国人からお話を聞くのはどうか?と学校側と話し合い、一番身近で長く日本に住んでいる在日コリアンのぼくが講師として呼ばれることになった。
f0004331_10145928.jpg
 話は、動物園の飼育員になりたかったが、外国籍ということであきらめたことや、クリーニング師の試験を受けにいったが民族学校卒業ということで受験資格がなく、厚生大臣に手紙を書いてやっと受験した経験など、どうして作家になったのかという自分の人生を通じて、在日コリアンのことを知ってもらうという内容だ。

 でも、子どもたち向け講演なので、国籍や民族というむずかしい困難があっても、夢を持つことと、決してあきらめないことを強調する内容にしている。

 最初の年は確か、5、6名だったと思う。しかし昨年も少し増え、今回は何と、18名も参加してくれた。
 来年も講師の依頼があり、今年より多くの子どもたちがぼくの話を聞いてくれればいいなと思っている。 
[PR]

by kimfang | 2016-09-17 10:15 | トピックス