動物児童文学作家のキム・ファンです!!
16/10/8 地震の本、書きませんか?
 今回もいくつかの韓国の出版社とミーティングをした。たずねた出版社すべてで話題になっていたのが地震だった。
 ご存知でない方もいらっしゃるかもしれないが、先月(2016年9月)、韓国で観測史上最大であるマグニチュード5.8の地震、「慶州地震」が起こった。

f0004331_15572315.jpgf0004331_15574513.jpg
 国民のほとんどが地震を経験したことがないこともあって、地震の恐ろしさがどこででも話題にのぼった。

 慶州の地震が大きな話題となっているのは、その規模の大きさだけではない。ここには過去にトラブルが多発し、設計寿命が過ぎたのに稼働期間を延長した韓国で2番目に古い「ウォルソン(月城)原発」がある。

 また、慶州のすぐ南のプサン市には老朽化がひどく、来年に廃炉が決定している韓国で1番古い「コリ(古里)原発」があり、そのおとなりのウルサン市にも「ウルチン原発」があるからだ。

 つまり、韓国に地震は少ないという想定のもとで造られた原発密集地帯で観測事情最大の地震が起こり、その安全性が問われているのである。

 古都・慶州といえば韓国有数の観光地であり、修学旅行のメッカでもあるのだが、原発も近くにあることからキャンセルが相次ぎ、観光客回復までには数年がかかるだろうとまでいわれているほどだ。

f0004331_15583597.jpgf0004331_1559014.jpgf0004331_15593473.jpg
 そこでだ。

 多くの地震を経験した日本に住んでいるぼくに、「地震の本、書きませんか?」というのである。

 果たして韓国ではどのような地震関係の児童書がでているのだろうか? 
 書くか書かないかの前に調査をしておく必要がある。           ぼくの絵本も         中古書店とは思えない品揃え

 そこで急きょ、講演に向かう途中のカンナム駅で降りて、駅近くの大型書店「YES24」(ネットでは韓国最大)に向かった。

 いって、おどろいた! 
 本の検索機械などもある大きな書店だからふつうの新刊書店とばかり思っていたら、何と、中古書店だった^^ 資料を得るのには安い中古書店の方がありがたい。

 ぼくの本もたくさん、ここで売っていた。そりゃあ、こんな書店があったら新刊も売れへんわ!
 とにかく、地震の本を3冊をゲット。じっくり研究してから書くか書かないかを決めよう。
[PR]

by kimfang | 2016-10-14 15:59 | トピックス