「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
16/12/31 ツシマヤマネコ賞、届く
f0004331_952398.jpgf0004331_9525752.jpg
 きのう対馬から荷物が届いた。「とらやまスタンプ―ラリー」の景品だ。毎日新聞の連載の取材で、京都市動物園、愛知県の東山動植物園、東京都の井の頭文化園を取材していたが、ちょうどのそのときにやっていたのが、この、「とらやまスタンプラリー」だった。

 対馬ではヤマネコのことを「とらやま」と呼んでいる。山で見かけるトラ毛の動物だからそう呼ぶという。環境省は2015年から、ツシマヤマネコをもっとよく知ってもらおうと毎年10(とら)月8(やま)日を「とらやまの日」と制定した。

 それを広めようとはじまったのがほかでもない、この、「とらやまスタンプラリー」。ツシマヤマネコを飼育している全国10の施設で行われた。
3つの施設をめぐってスタンプを集めるとオリジナルタオルがもらえる「ツシマヤマネコ賞」。全部の施設をめぐるとツシマヤマネコ米1年分がもらえる「完走賞」。対馬の施設を含むほか2つで、ヤマネコ米の詰め合わせセットがもらえる「「対馬経由賞」がある。
f0004331_9532379.jpgf0004331_9534493.jpg
 もちろんぼくは、いちばん簡単な「ツシマヤマネコ賞」に応募。そしてきのうオリジナルタオルが届いたのだ。
 包みを開けてビックリ! 
 タオルは思っていたよりも分厚くしっかりしていて、かっこいい系のデザイン。
 タオル以外にも「交通事故防止ステッカー」も入っていた。これらは寄付金で行われているという。

 ひとり3口まで応募可能ということで、3セット届いた。

 出版社のみなさ~ん、ぼくのヤマネコの本、だしてくたれたらもれなくプレゼントしますよ~!^^
 
[PR]

by kimfang | 2016-12-31 09:55 | トピックス