「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
17/1/15 ヤマネコ飼育員物語ちょこっと解説 第14話と15話
f0004331_14243066.jpgf0004331_14245798.jpgf0004331_14251553.jpg
 
 第14話と15話では、
 京都市動物園の2015年の
 「やまねこ博覧会」について書かれている。


 正直、対馬のツシマヤマネコは西表島のイリオモテヤマネコよりもよく知られていない。そこで、多くの人にツシマヤマネコのことを知ってもらおうと毎年、開催されているのがほかでない「博覧会」なのである。

 物語は2015年だが、昨年、2016年の「博覧会」の様子を見てほしい。「人形劇団 京芸」による「やまねこ人形劇」。

f0004331_14262842.jpgf0004331_14264727.jpgf0004331_14270100.jpg









「大阪ECO動物海洋専門学校」の学生さんによる「ツシマヤマネコの紙芝居」。
「社団法人 MIT」による「ツシマヤマネコの消しゴムハンコ作りワークショップ」。
「NPO法人ツシマヤマネコを守る会」による講演会など。

 多くの団体がツシマヤマネコをもっと知ってもらうためにいろいろなたのしい催しを行った。

 今年はまだはじまったばかりだが、今年はぼくも10月の「博覧会」で何か、ヤマネコのためにお手伝いでればいいなと思っている。

 「ヤマネコ飼育員物語」はここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2017-01-15 14:28 | トピックス