動物児童文学作家のキム・ファンです!!
17/9/29 『ツシマヤマネコ飼育員物語』、もうすぐ
f0004331_08562992.jpg

 上野のパンダの名前が決まった。ほとんどの人が「シャン シャン」とちゃんといえるほど、世間はその話題でいっぱいだ。

確かにパンダは世界的な絶滅危惧種ではあるが、日本で絶滅に一番近いといわれている生きものにも、もう少し関心を持ってもらいたいのだ。

その生きものとは、ツシマヤマネコーー。対馬にだけ棲んでいる。


厳しい見方をすると、野生では残りわずか70頭ほど。全国10の施設で、彼らの繁殖と野生に返す取り組みが進められている。

その施設のひとつが京都市動物園であり、今年5月、本州ではじめて繁殖に成功した。しかも、日本ではじめて人工保育(母ネコの代わりに)で育てた。

ぼくが書いた『ツシマヤマネコの飼育員物語』は、絶滅させまいと奮闘する飼育員と獣医師たちの物語だ。今年1月に毎日新聞「読んであげて」のコナーで連載した「ヤマネコ飼育員物語」を大きく書き直し加筆し、書籍化したもの。


f0004331_08564289.jpg

f0004331_08564724.jpg

f0004331_09083956.jpg

本の発売を記念して、丸善 京都本店とジュンク堂書店・京都店では10月に、ご覧のようなパネル10枚を展示する、パネル展を開催してくださることに。

パンダもいいけど、ツシマヤマネコにも、もっともっとあたたかい関心を持ってください!

『ツシマヤマネコ飼育員物語―動物園から野生復帰をめざして』(くもん出版)は、1011日ごろ発売予定です。




[PR]

by kimfang | 2017-09-29 08:59 | 出版物