動物児童文学作家のキム・ファンです!!
児童文学『ニジクジラは海の虹』
f0004331_484841.jpg丹後半島の青い海を舞台に、
日本と朝鮮半島のダブルネ-ム
を持つ少女とニジクジラの物語

キム・ファン 文 / あらた ひとむ 絵
遊タイム出版
2000年11月発売 1200円(税別)

第1回健友館文学賞入賞作品
清水寺貫主・森清範さん推せん。
今までなかったスケ-ルの大きな動物児童文学!
 【小学校高学年以上向き】

f0004331_4114475.jpgストーリー
 古代(こだい)・両(りゃん)・友)は、日本と朝鮮半島の友好のために贈られてきた国際保護動物ニジクジラに会いに水族館へ。 
そこで、伝説の主クジラを追う少年と出会うが・・・。
 誤解を越えて生まれた友情が、丹後半島の青い海から国の境を越えて広がる。
 
寄せられた感想&反響
淡路島・安乎中学校の子どもたちから、うれしい感想が寄せられました

2000.12.14 京都新聞 複合姓を持つ少女の物語
 重いテーマを心温まるファンタジーに

2000.12.24 朝日新聞 国籍とらわれぬ生き方を
 虹色クジラが主人公 教師ら後押しで出版               

2001.2.8 毎日新聞 二つのルーツを受け入れる少女
 国籍の違い越え共生を 「タブル」正面から描く

2001. 1 ウィクリー出版情報(日販図書館サービス)
 「この本が読みたい」重い「思い」を届ける
 「作者に動物と人間の融和という普遍的なものを描こうという姿勢がうかがえるし、いかに重い『思い』をたのしい童話作品に昇華させようかという努力がうかがえて好ましい」 かわの たかし氏

日本児童文学者協会 事務局長 藤田のぼる氏
 「在日の方たちの問題は、これまでは日朝・日韓の関係にささったトゲのように意識されてきたと思いますが(日本人としては、そのトゲの痛みをきちんと認識していくことが大切と思いますが)今度の御作では、ダブルネームに象徴されるように、むしろそれが日朝・日韓の橋渡しとなっていることを、うれしく思いました」            

日本児童文学者協会 国際部長 中尾 明氏
 「日本と朝鮮・韓国の歴史や交流を踏まえたスケールの大きな童話です。日朝(ダブル)の少女とニジクジラの物語は、ファンタスティックで、子どもたちの心を打つにちがいありません」
[PR]

by kimfang | 2001-01-11 04:05 | 出版物