動物児童文学作家のキム・ファンです!!
07/3/30 KBS『笑福亭晃瓶のほっかほっかラジオ』に出演
 3月30日(金)、KBSラジオ 『笑福亭晃瓶のほっかほっかラジオ』に出演しました。

 まずは名前の話から。
 キム・ファンのファンは漢字で「晃」。晃瓶さんの「晃」と同じ字ということで盛り上がりました。
 晃瓶さんいわく「それじぁぼくは、ファンへいだ!」

f0004331_23185115.jpg
ラジオのスタジオで。

 新作、『サクラ―日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語―』のお話をさせていただきました。

f0004331_2319948.jpg
左が私
中央が晃瓶さん
右が中村薫さん

 サクラは気分がいいと芸をする。
 それが韓国のソウル大公園の人気投票で3位になった理由のひとつと説明すると、「幼い頃に教え込まれた芸をいまだにしているとは…心が痛みます」と晃瓶さん。
 日頃は辛口トークの晃瓶さんですが、本当はとても心のやさしい方だと感じました。

 ラジオ出演のきっかけはコウノトリ。
 韓国を旅した構成作家さんがコウノトリのイベントに遭遇。そこで日韓で進められているコウノトリの野生復帰への取り組みを知る。
 
 仁寺洞(インサドン)で行なわれた「コウノトリ愛キャンペーン」
 帰国後、構成作家は作家さんは一路豊岡へ。
 コウノトリ文化館―「コウノピア」で発売されていた『くちばしのおれたコウノトリ』と出会う。私が京都に住んでいることを知り、連絡が。

 こんなことってあるんですね。
[PR]

by kimfang | 2007-04-22 23:19 | トピックス