動物児童文学作家のキム・ファンです!!
2008/8/18 韓国にトキがやってくる ③
    ウポるたーじゅ ③ 方言おそるべし

 今回の取材で一番苦労したのは、他でもなく、ことば。
 
 ― 何をいってるの? あなた通訳で行ったんでしょ。
 
 そう突っ込まれそうだが、いやぁあ、本場のど田舎の方言は想像を遥かに超えるほど難解だった。
 トキ学校のイ・インシク校長先生はわかりやすい共通語(標準語という表現はあまり好かない)で話してくれたが、地元の人は「ふだんのことば」で話してくる。
 一番、困ったのはレンジャーのおじさん。
f0004331_15453311.jpg
f0004331_15462353.jpg

 誰よりも朝早く来て、夜遅くまで密猟者を見張る、それはそれは地元でもとても有名なおじさんで、一生懸命にぼくたちを案内してくださった。

 「沼の中まで案内してあげるよ」、と船に乗せてくれて、小さな体を一杯に使って竿を押しては、船を進めてくれた。

 ところがだ。おじさんは「ふだんのことば」である方言で、しかもとても早口で話すから、何をいっているのか? まったくわからない。
 
 それは「학교」が「핵교 」になるなんていう、初歩的なものではない。名詞も動詞も形容詞も助詞も、みんな、韓国語に聞こえない。知っている単語がほとんどないくらいに難解だった。
 それでも、おじさんは、一生懸命に話す。
 日本の記者さんに伝えたい想いを、このまま無碍にはできない。要点だけでも伝えないと悪い。

 たまらず、「今、何ておっしゃったのかなぁ?」と、
 同行してくださったチョン博士に、小さな声で、もちろん日本語でたずねてみた。
 博士は豊岡市の「コウノトリの郷公園」に留学経験があり、日本語が達者だ。
 すると、
 「何をいっているのか、わたしも、ぜんぜんわからない」と、
 日本語で返しきた。

 おおっ! 韓国で生まれ育ったネイティブの人がわからないのに、日本生まれの在日がわかるはずもない。ほっと胸をなでおろしたものの、今までにも増して、レンジャーのおじさんのことばを伝えてあげたい気持ちになってしまった。

 そんなやり取りを見ていた校長先生が、共通語で補足してくださったので何とか、要点だけでも記者さんに伝えることができた。

 あ゛~それにしても、慶尚南道の方言はエグかった。
 10月のラムサールでは、全羅南道の順天(スンチョン)湿地で通訳をしなくてはいけないらしい。

 絶対、勤まらへんでぇ・・・
 たのむわ、共通語で話してやぁ!
 方言の良さがなくならない程度に ^^;
[PR]

by kimfang | 2008-09-02 15:41 | 取材ノート