動物児童文学作家のキム・ファンです!!
ラムサール報告⑤ 通訳より重い重荷
f0004331_1825455.jpg
 どんな仕事でも、最初の仕事は緊張するもの。
 しかも今回の最初の仕事は、郡守や市長ではなく、慶尚南道知事との会談の通訳だった。緊張しない方がおかしい。
 待合室で待たされている間に、同行した「慶尚南道ラムサール財団」の幹部から「金台鎬知事は41歳の最年少で道知事になった現在47歳の方。慶尚南道から中央へ出て大統領になる方が多いから、次期大統領候補の呼び声もある人物です」と紹介された。

 確かに、チョン・ドゥファン、キム・ヨンサン、ロ・ムヒョンの三大統領が慶尚南道出身。
 慶尚北道出身のパク・チョンヒ、大邱出身のロ・テウ、大阪で生まれたが慶尚北道に帰った現イ・ミョンバク大統領まで入れると、建国以来8人の大統領のなかで実に6人が慶尚南北道から出ている。

 慶尚南道知事から中央政界。そして大統領というのも十分に納得がいく。
 (慶尚南道は韓国の中心ですというスローガンをバックに。左が知事、右が豊岡市長)

 ただでさえ最初の仕事で緊張するところに、「次期大統領候補」との会談だ。テレビや新聞、多くのマスコミもこの会談を取材することになった。(聯合ニュースの記事はここをクリック)
 ぼくでは荷が重いと思ったが、道でも通訳を雇っていたので、ふたりで補完しながらの通訳となって肩の荷が下りてほっとした。
 会談は終始和やかな雰囲気でおこなわれ無事に終了。
 そして知事さんから頂いたお土産が写真の「トキの額」だった。
 f0004331_1834471.jpg
 これが結構重い。
 何度もいうが、知事との会談は最初の仕事。この重い額を韓国滞在期間中常に持ち歩き、しかも傷つけずに日本まで持って帰らなくてはいけないのだ。
 もしかすると大統領になるかも知れないお方からのお土産だ。何としてもちゃんと豊岡に持って帰らねば…ふう。
 それを思うと気が重かった。荷が重かったのは通訳でなくお土産(笑)。
 もう重いお土産は、どうかご勘弁を! 心の中で念じていた。
 しかし世の中とは薄情なもので、そんなことを思いながら仕事をすると、次々と輪をかけたようなに重いお土産が重なっていく。
f0004331_1854283.jpg

 昌寧郡守さんとの会談では「トキの絵皿」が…とほほ。

 鎮海市長さんは、陶器でできたカップが…しかも、ペアで…あうっ。

 さらに地元の特産品だということで、黒もち米を追加でくださった…1kg、がっびーん。
f0004331_18105165.jpg
 ところが、全日程を終えて家族のお土産を買おうと立ち寄ったプサンのロッテ百貨店で、깻잎(えごまの葉)の缶詰を見つけてしまったのだ。

 何度も韓国にきているが、こんな面白い代物は初めてだ。持って帰って友達に見せびらかしたいし、配りたい。

 しかし…缶詰は…重い…

 散々悩んだが、やはり買ってしまった。
 しかも大量に。
 旅行バックの中身は重くて割れそうなものばかり。
 重い額を豊岡市職員とふたりで持ちながらの帰国。
 へとへとになった。

 もう重い荷物はもうこりごりだが、いい「重いで」になった。
[PR]

by kimfang | 2008-11-24 18:15 | 取材ノート