動物児童文学作家のキム・ファンです!!
カテゴリ:トピックス( 456 )

06/7/27 朝日新聞に紹介されました!
7月27日付の朝日新聞(関西版)で、
『宝塚の「サクラ」韓国でも人気 ゾウの悲喜劇、出版へ』という見出しで紹介されました。
(写真入りです)
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200607270092.html
[PR]

by kimfang | 2006-07-28 08:08 | トピックス
06/8/2-6 絵本の読み聞かせとお話をします!
京都国際交流会館で絵本の読み聞かせとお話をします!
_______________________
 絵本のどうぶつうえんにでかけよう 世界の絵本展
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
時間14:00-15:00 京都国際交流会館 2階 姉妹都市コーナー

 世界の絵本が150冊以上展示されます。
 私のとっておきの絵本も同時に展示。
 絵本を読んで、日本と韓国の動物交流のお話をします。
 当日、私の絵本を販売しています。
 どうぞ、親子でおこしください。
 入場無料。ただし、予約が必要です。
 詳しくは、075-752-1187 京都国際交流会館まで

 日程、チラシ
[PR]

by kimfang | 2006-07-13 16:16 | トピックス
2006/ 最優秀作品賞を受賞しました!
第1回子どものための感動ノンフィクション大賞 最優秀作品賞を受賞しました!

 この賞は日本児童文学者協会が創立60周年を記念して新しく設立した賞です。
 受賞作 『サクラ-日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語-』は、学研より出版予定です。
 ゾウのサクラは、1965年にタイから宝塚ファミリーランドにやってきました。
同園の閉園に伴い、2003年5月に韓国のソウル大公園にある動物園に引っ越しました。
 実は、日本から韓国へと渡ったゾウは、サクラがはじめてでなく、過去にも2頭いたのです。
最初に渡ったのは、1408年に小浜に着いた日本初のゾウでした。
そして2頭目は、朝鮮が日本の植民地時代でした。
 過去に渡った2頭は、かわいそうな最後を遂げます。サクラも「かわいそうな ぞう」になってしまうのか……

 
【受賞のことば】 2006年 5-6月号 日本児童文学 掲載
 
 「なんともなー」。これは閉園した宝塚ファミリーランドの元飼育員、江草史朗さんのおどろきの声。私が、韓国のソウル大公園に引っ越したサクラが、人気投票で3位になったことを伝えたときにおっしゃった言葉です。「ソウル大公園には珍しい動物もたくさんいるのに、3位がゾウだなんて信じられない! ゾウもたくさんいるのに、ほかのゾウをさしおいて、なんともなー」。江草さんの笑顔が忘れられません。
 受賞の連絡を頂いたとき、私も、「日韓の悲しい歴史に触れる重いテーマ。しかも、数多く書かれてきたゾウのお話なのに、なんともなー」といってしまいました。今だからこそ、子どもたちに読んでもらいたい。受賞理由を聞き、資料集めを手伝ってくれたり、壁にぶち当たるたびに励ましてくれたりした日韓の友人の顔が浮かびました。日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語が、両国の友好発展に役立ってくれるよう願っています。

f0004331_10502879.jpg
担当のパク飼育員からエサをもらうサクラ ソウル大公園の人気もの―サクラ紹介文
[PR]

by kimfang | 2006-05-15 10:53 | トピックス
2006/2/15 能勢町立田尻小学校
2月15日 能勢町立田尻小学校でお話をしました。
 
 京都朝鮮第3初級学校のオモニたちが、人形劇、『けちんぼおやじとトッケビ』を上演しました。
 そのあと、私がカワウソとコウノトリのお話をしました。
f0004331_12322889.jpgf0004331_12325413.jpg

 子どもたちとオモニたちは、給食を一緒にいただきながらたのしいひとときをすごしました。
f0004331_1234223.jpg

 食事のあとで、二年生のみなさんが、紙芝居、『とらとふえふき』と、朝鮮半島のコマ、ペンイを披露してくれました。
f0004331_12353914.jpgf0004331_12352666.jpgf0004331_12354938.jpg

 とても上手でおどろきました。

  感想文より
 金ファンさんとオモニへ
 今日は、人形げきをしてくれてありがとうございました。
 ぼくの、おじいちゃんがとよおかにすんでいます。
 オモニの一人がペンイの新しいまわしかたをおしえてくれてありがとう。
 新しいまわしかたでまわせた。
(二年生の生徒)

 金さんとオモニのみなさんへ
 今日はかんこくのおばけトッケビの人形の事やコウノトリの事をくわしく教えて下さってどうも、ありがとうございました。人形げきは、とってもおもしろかったです。いろんなくふうができていました。トッケビは、日本のおばけとぜんぜんちがうのでびっくりしました。
 赤色のカッパがいると思っている人もいると聞いて、「そう思っている人もいるんだなぁ」と思いました。話がとても、わかりやすくて良かったです。金晃さんが書いた本、『くちばしがおれたコウノトリ』の本は、前、本屋さんで見たことがありました。
 コウノトリのコウちゃんは、死んじゃって、「かわいそうだなぁ」と思ったけど子どもがいるのでコウちゃんのぶんも、元気に飛んでほしいなぁと思いました。
 カワウソは動物園で見た事があるけど、こんなにくわしく教えてもらったのは初めてでいいけいけんになったと思います。
 今日、かんこくの事を教えてもらって私は、「これからかんこくの事を調べてみたいなぁ」と思いました。
(四年生の生徒)

[PR]

by kimfang | 2006-03-03 12:47 | トピックス
2005/12/2 池田市立細河小学校
 2005年12月2日、池田市立細河小学校で、高学年約150人、保護者約20人、先生約25人に「カッパがとりもつに日韓交流」という題でお話しました。

子どもたちの感想から
 私の大好きなおばけの話とか動物の話とかで聞き入ってしまいました。韓国のおばけの『トッケビ』の話は今まで聞いたことがなかったし、とてもおもしろかった。

 韓国と日本が、むかしケンカしたなんて知らなかった。早く仲良くなって、日本の野生のカワウソがよみがえってほしいです。

保護者からの感想から
 楽しい子どもをひきつける語り口で、日本と韓国のおばけの違いや、カッパのお話、コウノトリのお話と、とても楽しく聞かせていただきました。

 宝塚ファミリーランドにいたゾウの※『サクラちゃん』が韓国にいることも、初めて知ることができ、とても興味深いお話でした。

 ※『サクラ-日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語-』は、夏前に学研から出版されることになりました!
[PR]

by kimfang | 2006-01-13 12:27 | トピックス
2005/10/22 箕面市立萱野北小学校
f0004331_12441754.jpg 箕面市立萱野北小学校にいきました。1,2年生に日本と韓国の動物の鳴き声のちがいをお話しました。
 韓国からの留学生、鄭碩煥さんが韓国語の鳴き声を熱演! やはり、本国の人の発音はちがう。子どもたちは、日本語の鳴き声を鄭さんに教えました。

  • イヌは? ワンワン      → 멍멍 モンモン
  • ネコは? ニャオニャオ   → 야웅야웅 ヤウーンヤウーン
  • ネズミは? チューチュー  → 찍찍 チクチク
  • カエルは? ケロケロ    → 개굴개굴 ケグルケグル
  • トラは? ガオー       → 어흥 オフーン
  • ツクツクボウシは? ツクツクボウシツクツクボウシ
             → 고추고추고추씨알 コチュコチュコチュシアル
    (※ちなみにこれは、トウガラシ トウガラシ トウガラシのたね という意味)
 鄭さんは、博士号を持つコウノトリの研究者。最後に鄭博士からコウノトリのお話を聞きました。
[PR]

by kimfang | 2006-01-12 12:38 | トピックス